特集 アスリート、現役続行と引退の波間(15)
【スケーター・高橋大輔の軌跡 part3】

■今年、引退を発表したフィギュアスケーター・高橋大輔。その足跡を辿る──。

 2008年10月、高橋は練習中にケガをして、右足の前十字靱帯と半月板の損傷という重傷を負った。「このケガをして、手術後に復帰したフィギュアス ケート選手は過去にいない」ということも聞かされたという。それでも高橋は、手術を決意した。手術をしないで、だましだまし競技を続けることも可能かもし れない。だが、それでは世界の頂点は狙えない。一か八か勝負をすべき、と考えたのだ。

 ただし、手術をすることは、五輪イヤーの前年である08−09シーズンを棒に振ることを意味していた。高橋はその覚悟をして手術に踏み切り、復帰を目指 したリハビリの日々が始まった。足の筋肉を奥の方からほぐし、しっかり動かせるようにするところから始めたが、痛みは体を突き刺すように激しい。1日 8〜9時間のリハビリが毎日続いた。

 そんな辛い日々に悲鳴をあげたのは、体ではなく心の方だった。高橋は年が開けた09年2月のある日、気持ちがスッと切れてしまい病院へ行くのをやめた。2010年2月のバンクーバー五輪開幕は1年後に迫っていた。

 それから約1週間、高橋は誰とも連絡をとらなかった。ある時は「目的もなくフラッと新幹線に乗り、適当な駅で下りて時間を潰して戻ってきたこともあっ た」(高橋)という。自分は氷の上で滑ることもできない。それなのに、時間は待ってくれない。情けない行動に自己嫌悪を感じながらも、次のために動き出す ことができなかった。

 長光歌子コーチは、ずっと連絡が取れなかった高橋がフラッと自分の家に来た時、「もうこれ以上あの子を追い詰めるのはかわいそうだ。自分が周りの関係者に謝るだけ謝って、彼をもうスケートから解放させてあげよう」と思ったという。

 そんな長光コーチや担当医師、マネージャーやトレーナーなど、周囲の心遣いを感じた高橋は、自分の心に問いかけてみた。「お前はもう、スケートをやりたくないのか?」と――。そこで気がついたのは、自分が「まだスケートを捨てたくない」と思っていることだった。

 再び厳しいリハビリ生活に戻った高橋は、09年4月上旬には氷上練習ができるまでになった。6月からはジャンプも跳び始め、09-10シーズンに何とか間に合いそうな状態まで回復してきていた。

 リハビリを経て、新たに手に入れたものもあった。故障の一因に足首や股関節の硬さがあったことを知り、徹底的な肉体改造も同時に行なったのだ。「下半身 の可動域が広くなり、ステップもスピンもこれまでよりひと回り大きな動きができるようになった」と、高橋は後に語っている。

 10月のフィンランディア杯で試合に復帰した高橋は、11月にNHK杯に出場。そこで見せた彼の動きは、以前とは印象が違っていた。ジャンプへの入りは かつてよりもはるかに柔らかく、力みのない動作になっていた。試合はSPで4位発進。逆転を狙ったフリーでは4回転ジャンプだけでなく、他のジャンプでも ミスを繰り返して順位を上げることができず、総合4位に止まった。

 長光コーチは高橋の回復を認めながら、新たな問題についてこう語った。

「今まで以上に(関節が)動くようになった分、それに合ったスケート靴の位置や、エッジの位置も変わっているんです。今はそれがどこなのかを見つけているところ。そういうところが微妙に違うだけで、ジャンプの感覚が変わってしまうんです」

 スケート靴という道具を使って氷の上を滑るフィギュアスケートは、力の入り方などが違ってくれば、スケーティングやジャンプの瞬間の微妙な感覚にズレが 生じる。リハビリを経て進化した体を十分に使いこなして最高の演技をするためには、新たな感覚を身につけなければいけない。取り戻すのではなく、「新しい 高橋大輔をつくる」作業が必要だった。高橋は、バンクーバー五輪までの短い時間で、それに取り組まなくてはいけなかった。

 その後、高橋は12月のグランプリファイナルにも出場したが、総合5位。いまひとつ波に乗りきれないでいた。それでも、12月末の全日本選手権では底力を見せた。

「何があってもまとめられるだろうという感じになってきた」というSPでは、2位の小塚崇彦に12点以上の差をつけて首位発進。フリーで4回転が回転不足になるなど、いくつかミスは出たが、丁寧な演技で完全優勝を果たした。

 しかし、五輪代表の座をつかんだ高橋は「優勝は嬉しいが、まだ自分の目指す演技ができるまでにはなっていない。堂々と五輪に行ける演技ではないので、ここで喜んでいてはダメ」と気を引き締めた。

 2回目の五輪となるバンクーバー大会を、高橋は「メダルを狙う大会」と位置づけて戦い抜いた。4回転ジャンプの感覚はまだ戻っていなかったが、それ以外 の問題はほとんどなかった。その状態の良さは、SPの完璧な演技に表れていた。得点は90・25点で、トップのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)と0・ 60点差の3位。

「自分は練習してきたんだ、ということだけを信じてできた。得点を見た時にプルシェンコとそんなに離れてなかったので、フリーに向けて変なプレッシャーがなくていいかなと思った」と、高橋は満足気な表情を見せた。

 2日後に行なわれたフリーは、先に演技をしたSP2位のエバン・ライサチェク(アメリカ)が4回転を回避して167・37点を出し、合計を257・17点にした後の演技となった。

 高橋は冒頭の4回転で転倒したが、その失敗を引きずることなく、その後はわずかなミスで演技を終えて156・98点を獲得。合計を247・23点にしてその時点で2位につけた。

 その後、SPトップのプルシェンコには抜かれたが、高橋はついに日本人男子フィギュアスケートで初となる五輪での銅メダルを獲得した(金メダルはライサチェク、銀メダルはプルシェンコ)。

「このメダルは僕にとってはご褒美だと思う。ケガをしたことはこれからの僕のスケートや人生にとって、すごく勉強になった。今回は失うものがなかった。これが最後ではなく通過点だと思っている」

 笑顔で胸を張った高橋の表情は晴れやかだった――。

 そのバンクーバー五輪の1カ月後、世界選手権(トリノ)で高橋はさらなる進化を見せた。SPでトップに立つと、フリーでは冒頭の4回転フリップを着氷。これは惜しくも回転不足になったものの、その後はほぼノーミスで優勝を決め、日本人男子初となる世界の頂点に輝いた。

 五輪メダル、そして世界チャンピオンの座を獲得した高橋が、このまま引退するのではないか――。世界選手権が終わってからはそんな憶測も出るようになっていた。だが、高橋は現役を続けた。ケガの後に手に入れた"新しい体"で再び世界に挑戦する新たな道を歩み始めたのだ。

つづく

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi