柴崎、インフルから回復して日本代表に合流…豊田含め23選手揃う

写真拡大

 日本代表の柴崎岳が6日、オーストラリアに到着し、日本代表に合流した。柴崎は、国内合宿中にインフルエンザを発症したことで国内待機を余儀なくされていたが、体調が回復してチームから4日遅れでオーストラリア入り。チームの23選手全員が揃うことになった。

 また、オーストラリアへの移動中に体調不良を訴え、現地入り後の練習を回避していた豊田陽平も回復。チームは6日に休養が与えられたが、柴崎と豊田は夕方から宿舎内で練習を行う予定となっている。

 6日の朝にオーストラリアに到着した柴崎は、「しっかりとオーストラリアの環境に適応していきたい」とコメント。「(現体制で)初めての公式戦ですし、特別な思いはある。チームとして結果内容ともに良いものにしていきたい」と意気込みを語った。

 23選手が揃ったことで、日本サッカー協会の技術委員長を務める霜田正浩氏も「2人が帰ってきた。順調に来ていますし、チームも非常に良い雰囲気。あとは初戦を思い切り戦って、しっかり結果を出して欲しい」と期待を語った。

 アジアカップは9日に開幕。連覇を狙う日本代表はグループDに所属し、12日にパレスチナ代表、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表とそれぞれ対戦する。