STAP論文で捏造の不正確定 小保方晴子氏も不服申し立てず

ざっくり言うと

  • 調査報告書に対し、小保方晴子氏から不服申し立てがなかったと発表された
  • 理化学研究所によると、不服申立て期限は5日だったが連絡はなかったという
  • 報告書でSTAP細胞は、ES細胞が混入したものとほぼ断定した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング