厚さ5mmの「黒厚釜」採用

写真拡大

象印マホービン(大阪市)は、マイコン炊飯ジャーの新製品「極め炊き」(NL-BS05型)を、2015年1月21日に発売する。

ご飯炊きだけでなく手作りパンも

茶碗約1杯分の0.5合から3合まで美味しく炊ける小容量マイコン炊飯ジャー。熱が側面まで伝わりやすい広く浅めの形状で、厚さ5mmの「黒厚釜」を内釜に採用。熱が伝わりやすく、炊きムラを防ぐことができる。強火で炊き続けることでうま味を引き出す、495Wのハイパワーヒーターを搭載。内釜の厚さ・ヒーターのワット数とも、小容量タイプでは業界最高レベルだという。

釜底の大型加熱版のヒーター面積を従来品の約1.5倍にし、ふた・側面のヒーターで釜全体を包み込む「全面加熱」で、芯までふっくらと炊きあがる。強火を実現しつつ吹きこぼれを抑える、従来比約2倍の「大型蒸気口」を採用した。「ディンプルアルミ遠赤内ぶた」は外して洗えるなど、使いやすさも追求。

おいしさと栄養を両立した「金芽米」、雑穀米、原賠が炊ける「健康メニュー」。お米だけでなく手作りパンも楽しめる「パン(発酵・焼き)」などのメニューも充実させた。