写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本法規情報は「職場のストレス意識調査」の結果を発表した。同調査は2014年12月1日〜20日の期間、男女1,023名を対象に実施したもの。

○ストレスの原因は「人間関係」

「職場でストレスを感じる原因」について、最も多かったのは「人間関係」(43%)であった。次いで「仕事の内容」(仕事が面白くない、望んだ仕事をさせてもらえない等)が32%、「仕事の量が多い」が21%であった。一方、「仕事の量が少ない」と回答した人は全体の4%となった。

「職場の人間関係におけるストレス原因」では、「人前で、注意を受けること」が28%で最多となった。次いで、「うわさ話、悪口等を言われること」(26%)、「飲み会等を強制されること」(22%)が上げられた。

他には「自分の存在を軽く思われること」(9%)、「グループの人と意見が合わない」(6%)、「自分の意見を聞いてもらえない」(5%)、「嫌みを言われること」(4%)などであった。