シンプルなフォルム

写真拡大

ゼット(大阪市)は2014年12月26日、スニーカーブランド「Zeha(ツェハ)」から「RHINE(ライン)」と「RHINE SUE(ライン・スエード)」を発売した。

特徴的な4本ライン

「Zeha」は1897年に旧東ドイツで誕生したブランド。創立当時に作られたスポーツシューズを特徴的な4本ラインはそのままに、現代風のコート系シューズにアレンジした。

アッパー(甲被)にはオパンケ製法によりアウトソール(靴底)が装着されている。またインソール(中敷き)にはカップインソールが採用され、「よりフィット感を高める作り」になっている。

用意されているカラーは「RHINE」(1万3000円、税抜き)では「ホワイト×ホワイト」、「ネイビー×ホワイト」、「ワイン×ホワイト」の3タイプで、「RHINE SUE」(1万2000円、同)は「ネイビー×ホワイト」、「ブリック×ホワイト」、「キャメル×ホワイト」の3タイプ。