アジア杯連覇狙う日本代表、日程変更で合宿9日目に初の休養日

写真拡大

 日本サッカー協会は5日、アジアカップを控える日本代表の練習日程を変更し、6日を休養日に充てることを発表した。

 アジア連覇を狙う日本代表は、昨年12月29日に国内合宿をスタートさせ、3日に開催地のオーストラリアに到着していた。4、5日に2日連続で練習試合を実施するなど、国内合宿から休みなしで調整。合宿9日目は当初、午前中の練習が予定されていたが、初めての休養日に変更となった。

 アジアカップは9日に開幕。日本代表はグループDに所属し、12日にパレスチナ代表、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表とそれぞれ対戦する。