何を投稿すべき?SNSなどの内容で人を不採用にしたことがある人事担当者70%

写真拡大

Facebook、Twitter……今やSNSのアカウントを1つも持っていない人は珍しい時代。みなさん、投稿内容にはちゃんと気をつけていますか? 採用担当者は、見ています!

「Online Classes.org」の調べによると、「人を採用する際インターネットでその人を検索する」と回答した人事担当者は、実に79%! しかも、調べたSNSなどネット上の内容で人を不採用にしたことがある担当者が70%もいました。

これは就職に大きく響きそうです。それでは、一体何を投稿してはいけないのでしょうか? その判断基準を紹介します!

■ NG文章

・汚い言葉、語尾を含む文章
・酔っているときに書いたと判る文章
・一般人が見て理解しがたい歌詞や詩
・「疲れた」「寝ます」などの短文投稿
・他人の悪口
・下ネタなど、他人に話すべきでない個人的な内容

■ NG写真

・写っている誰かの着衣が乱れている
・写っている誰かが法律に反する行為を行っている
・元カレ(今現在も付き合っている相手のみOK・キスなど性的に絡んでいないものに限る)
・食べ物(単に今日食べたものなどをひたすら投稿しているような人の評価はダウン)

そして最後に、もう1つ。その文章(写真)が、本当に人に見せる価値のあるものか自問するのをお忘れなく!

参考:
Should you actually post that online?
http://college.usatoday.com/2014/12/19/should-you-actually-post-that-online/