優勝した前回大会を振り返る長谷部「楽な試合は1試合もなかった」

写真拡大

 日本代表は5日、アジアカップが開催されるオーストラリアにあるニューカッスル近郊のセスノックで練習を行った。

 前日にニュージーランドのオークランド・シティとの練習試合で2−0と勝利。午前中に行われた練習は冒頭15分のみ公開され、非公開部分では地元クラブと対戦した。アジアカップ前最後の実戦は前後半各30分で行われ、7−0で大勝した。

 オークランド・シティ戦でフル出場した長谷部誠は、5日の練習試合には出場せずに、軽めのメニューを消化。練習後には、主将を務めて優勝した前回大会を「本当に楽な試合は1試合もなかった」と振り返った。

 今大会では、12日の初戦でパレスチナ代表と対戦する。初顔合わせということもあり、「情報は全く入っていない」と明かす。ヨルダン代表と対戦した前回大会の初戦は、試合終了間際に追いつき、辛くもドロー。「気候と相手を考えた時に1試合目からフォーカスしてやっていかないと、足をすくわれるかなと。そういう意味では1試合1試合大事にやっていきたい」と、前回大会を教訓に気を引き締めていた。

 アジアカップは9日に開幕。日本はグループDに所属し、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表とそれぞれ対戦する。