『恋する♡ヴァンパイア』で主演を務める桐谷美玲

写真拡大

桐谷美玲の主演映画『恋する♡ヴァンパイア』が、4月17日から東京・TOHOシネマズ新宿ほかで公開される。

同作は、世界一のパン職人になる夢を持つヴァンパイアの恋を描いた作品。ヴァンパイアのキイラが、想いを伝えられないまま12歳の時に離れ離れになった幼馴染みの哲と8年ぶりに再会し、吸血鬼であることを秘密にしながら恋や夢に悩むというあらすじだ。好きな相手に近づくと、生き血を欲して牙を覗かせてしまうキイラ役を桐谷が演じる。

メガホンをとったのは、北京の中央戯劇学院で演劇を学び、同作が監督デビュー作となる鈴木舞。なお、同作は4月17日にオープンするTOHOシネマズ新宿のオープニング作品の1つとなる。

【もっと大きな写真を見る】

■桐谷美玲のコメント
ヴァンパイアだけど人間を好きになってしまった主人公・キイラの葛藤をどうあらわせばいいのか、監督とも話し合いながら撮影していきました。好きな人と一緒にいるからこそ本能がでてしまう…という切ないラブストーリーになっています。
その反面、ヴァンパイアではあるけれども、明るく楽しく生活をしている家族も可愛く描かれているのと、セットもキュートでファンタジーあふれる雰囲気になっていたり、ミュージカル風なシーンや、かわいいオリジナルソングもありで、今までになかった新しいヴァンパイア映画になっていると思いますので楽しみにしてください。