練習試合出場の乾、本番への課題は「攻めのパターンを増やすこと」

写真拡大

 日本代表は5日、アジアカップが開催されるオーストラリアにあるニューカッスル近郊のセスノックで練習を行った。

 非公開部分では、地元クラブとの練習試合を実施。アジアカップ前最後の実戦は前後半各30分で行われ、7−0で大勝した。

 後半から途中出場した日本代表MF乾貴士は、「まだ(チームに)フィットしているとは思っていない」と口にすると、「もっとコンビネーションや崩しの形、攻めのパターンも増やしていかないといけない。今はクロスだけの状態になっていて、そんな単純な攻めだけだと厳しくなってくる。もう少し中で崩したりっていうのをやっていきたいと思います」と課題について言及した。

 日本代表はアジアカップでグループDに所属。12日にパレスチナ代表、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表とそれぞれ対戦する。