第45回:2014年

年間6場所中5度の優勝を飾って、
2014年も圧倒的な存在感を示した横綱。
結果、優勝は通算32回に達し、
ついに歴代トップの大鵬に並んだ。
その輝かしい一年を横綱が振り返る――。

 2014年がまもなく終わろうとしています。おかげさまで、私は今年最後の九州場所(11月場所)で、大鵬関の優勝32回という偉大な記録に追いつくことができました。この場をお借りして、日頃から応援してくださっている皆様に、心から御礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

 さて、11月23日に九州場所が終わったあと、休暇に入った私は、観光大使を務める鹿児島県霧島市を表敬訪問し、そのまま優勝32回の余韻にひたりながら、温泉で体を休ませていました。しかしそれも束の間のことで、11月30日からは熊本県芦北町を皮切りに、冬巡業に参加。鹿児島県、佐賀県、福岡県、そして岡山県と回ってきました。

 また、12月10日からは、初めての試みとなる『大相撲クルーズ』が2泊3日で行なわれました。ファンの方々と私たち力士が、一緒に豪華客船に乗って東京湾をクルーズするというもので、船上では力士たちのスペシャルトークショーやちゃんこの振る舞いなど、さまざまなイベントが催されました。

 これまで乗客船には、巡業の移動の際などに乗ったことはありましたが、豪華客船に乗るのは今回が初めて。それも、かなりゴージャスな船だったので、とても感動しました。船内には、プールやフィットネス、さらにカジノなどの娯楽施設が整っていて、レストランでは美味しい食事やお酒を存分に楽しめましたからね。

 空き時間には、力士たちもそれぞれ思い思いに過ごしていて、私もデッキに出て潮風に当たったり、同乗したファンの方々と触れ合ったり、とても楽しい時間を過ごすことができました。最近は、国内外でクルージングがブームになっているようですが、いつか私も、ゆっくりと船で海外旅行をしてみるのもいいな、と思いました。

 こうして「師走」らしい日々を過ごしてきた私ですが、最後に2014年を振り返って、この1年間の、私なりの3大ニュースを紹介したいと思います。

 1番目のニュースは、冒頭でも触れましたが、やはり九州場所で通算32回目の優勝を遂げたことです。

 かねてから尊敬している大鵬さんの優勝32回という記録は、私が横綱に昇進したときからの夢でした。当初は、目標というよりも、達成できたらすごいだろうな、という感じでしたね。あくまでも、とてつもない大記録のようにしか見ていませんでした。

 そうした雲の上の記録を、現実のものとして見定め、目標の"数字"としてとらえ始めたのは、ここ2年くらいのことです。そして昨年、すべての場所が終わったあと、通算優勝数が27回だった私は、「2014年はどこまで優勝回数を伸ばしたいですか?」と問われて、「まずは30回」と答えました。

 ただし、その目標は決して簡単には達成できないと思っていました。というのも、昨年は横綱・日馬富士が2回優勝。当時はまだ大関だった鶴竜も、メキメキと力をつけてきていたからです。彼らの台頭を考えれば、年間3度の優勝は相当高い目標設定でした。実際、今年の春場所(3月場所)に鶴竜が初優勝を果たして横綱に昇進。3横綱時代に突入したことで、ますます優勝することが難しくなったと思います。

 それだけに、初場所(1月場所)の優勝に続いて、夏場所(5月場所)で29回目、名古屋場所(7月場所)で30回目の優勝を飾ったときは、とてもうれしかったです。同時に、一回、一回の優勝の重みを改めて感じたものです。

 みなさんから、「白鵬は勝って当たり前」というふうに見られている部分もあることは十分に承知しています。そう思っていただけることは、横綱として喜ばしいことだと思っています。しかし、本音を言えば、一番、一番、勝つことが本当に大変でしたし、29回目も、30回目も、優勝までの道のりは非常に苦しいものでした。

 それでも、30回目の優勝を果たし、秋場所(9月場所)で千代の富士関に並ぶ31回目の優勝を成し遂げたときは、「もうこうなったら、年内に32回目の優勝を目指す!」という気持ちに変わっていましたね。

 迎えた九州場所では、場所前から体調もよく、気持ちも充実していました。相撲は一日、一日、そして一番、一番が重要なのですが、そこに向かう準備もしっかりとできていました。まさしく、心・技・体がきちんと整っていたからこそ、32回目の優勝が成し遂げられたのだと思います。

 2番目は、新横綱・鶴竜、そして新大関・豪栄道の誕生です。が、このニュースを取り上げたのは、叱咤激励の意味があります。

 まず鶴竜は、九州場所では私と最後まで優勝争いを展開しました。しかしあと一歩及ばず、今年は横綱として4場所を経験しながら、その間は一度も優勝することができませんでした。横綱昇進を果たしたことは良かったと思いますが、彼にとっては悔しい思いのほうが強い一年だったのではないでしょうか。

 2015年は、その悔しさをバネにして、さらに奮起してほしいと思います。そして、私と日馬富士とともに、横綱三つ巴の優勝争いを、ファンのみなさんにお見せできたらいいな、と思っています。

 豪栄道も同様です。大関昇進前の夏場所、名古屋場所では、私も彼に手痛い黒星を喫しましたが、大関に昇進してからは本来の力が発揮できていません。大関になって2場所目の九州場所では、まさかの5勝に終わってしまいました。

 とはいえ、私は彼の気持ちの強さを買っています。苦境に陥ったときにこそ、彼の精神的な強さがモノを言うはずです。2015年にはきっと、巻き返しを図って、さらなる進化を遂げてくれると信じています。

 最後は、若手力士の台頭と、大相撲人気の復活です。

 今年の初めは、昨年の秋場所、入門からわずか4場所で新入幕を果たした遠藤が、引き続き相撲界の人気を牽引。ザンバラ髪のイケメンで、彼の存在によって、女性ファンがすごく増えました。

 その後、春から夏にかけては、前述したとおり、鶴竜が横綱に、豪栄道が大関に昇進。世の中に話題を振りまいてくれました。

 そして極めつけは、突如現れた"モンスター"逸ノ城の躍進です。今年の初場所で初土俵を踏んだばかりの21歳が、新入幕の秋場所で快進撃。新入幕力士としては異例とも言える、大関、さらには横綱との対戦が組まれました。そのうえで、大関に加え、横綱からも白星を挙げてしまったのです。当然、世間の注目度は一気に高まりました。

 おかげで、秋場所は15日中、14日間が「大入り」。その後の九州場所でも、17年ぶりに初日の「満員御礼」を記録し、大盛況となりました。

 逸ノ城本人は、あまりの人気ぶりに体調を崩すこともありましたが、関脇に昇進した九州場所でも見事に勝ち越し(8勝7敗)。話題の"モンスター"ぶりを存分に発揮して、2015年の一層の飛躍を予感させてくれました。

 こうしたハツラツとした若手の台頭によって、明らかに人気が回復してきた大相撲。本場所に限らず、地方巡業でも、多くのお客様に足を運んでいただきました。2015年も、そうしたファンの方々の声援に応えるべく、我々力士たちはより一層の努力を重ね、一番、一番、全力を尽くして相撲を取っていきたいと思います。

武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki