日本代表、非公開の練習試合で7ゴールの大勝

写真拡大

 日本代表は5日、アジアカップが開催されるオーストラリアにあるニューカッスル近郊のセスノックで練習を行った。

 前日には、ニュージーランドのオークランド・シティとの練習試合で2−0と勝利。午前中に行われた練習は、冒頭15分のみ公開された。

 非公開部分では、地元クラブとの練習試合を実施。アジアカップ前最後の実戦は前後半各30分で行われ、7−0で大勝した。先発メンバーは、西川周作と植田直通、吉田麻也、昌子源、太田宏介、今野泰幸、遠藤保仁、香川真司、小林悠、清武弘嗣、武藤嘉紀だった。後半から遠藤に代わってトレーニングパートナーの中島翔哉、香川に代わって乾貴士が出場した。

 得点者は、遠藤と中島、昌子、清武、乾、小林。乾が2ゴールを挙げた。

 アジアカップは9日に開幕。日本はグループDに所属し、12日にパレスチナ代表、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表とそれぞれ対戦する。

【スコア】
日本代表 7−0 ランブトン・ジャッファス

【得点者】
1−0 19分 遠藤保仁(PK、日本代表)
2−0 32分 中島翔哉(日本代表)
3−0 34分 昌子源(日本代表)
4−0 43分 清武弘嗣(日本代表)
5−0 50分 乾貴士(日本代表)
6−0 59分 小林悠(日本代表)
7−0 60分 乾貴士(日本代表)