2014年の日本株は一本調子で上がり続けるわかりやすい相場ではなかったが、そうした中で、億単位の利益を出している凄腕のトレーダーもいる。そんな個人投資家の一人である「ノリ」さんが、2014年のトレードを振り返る。

 * * *
 2014年に大きく成功した銘柄は、ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)です。646円(7月30日終値)から、8月26日には高値9180円まで急騰しました。数日連続でストップ高をつけた後、8月上旬に2000〜3000円で1億円近く購入しました。

 だいたい1銘柄で5000万〜1億円ほど買うので1日で売ることは難しく、利益確定は売り上がっていくという形です。ただ、DMPはまさかこんなに上がるとは思っていなかったので、天井をつけた日にはわずかなポジションしかありませんでしたね……。

 ロスカットについては、「上昇トレンドがいったん終わったな」と感じたら手放すようにしています。ただし、トレンドが終わったかどうかわからなくても、5日移動平均線を明確に割ったら絶対にロスカットすることは決めていますね。

 逆張りだと、「そろそろ底打ちして上がるだろう」という期待を持ってしまうのでロスカットの判断が遅れてしまう。一方、順張りで上がるだろうと思っていたのに上がらなければ、自分の判断が間違っていたと考えてロスカットしやすい。これまで試行錯誤を繰り返しながら、このスタンスにたどり着きました。

 今後の相場展開ですが、私は相場全体の予想はできないし、しても意味がないと思っています。日本株がどうなるかは結局、米国次第。では米国市場を予測しようとしても、それは難しい。だから、新興市場でトレードしているという面もあります。相場全体の影響を受けにくい、あくまで銘柄独自の理由で動く新興銘柄が自分には合っていると感じています。

【PROFILE】ノリさん:2006年から専業トレーダー(デイトレード、スイングトレード中心)。資産は10億円以上で、2014年の収支は10月末時点で約4億3000万円のプラス。新興銘柄を中心とした1〜3日程度のスイングを得意とする。そのほか配当を目的とした米国株の長期投資で年間約2000万円の配当を得ている。

※マネーポスト2015年新春号