反省点を語る岡崎…ゴール奪うも「バリエーションが少なかった」

写真拡大

 アジアカップ連覇を狙う日本代表は、4日にオーストラリアのニューカッスル近郊にあるセスノックで、ニュージーランドのオークランド・シティとトレーニングマッチを実施した。試合は、ガンバ大阪のMF遠藤保仁、マインツのFW岡崎慎司がゴールを決めて、日本代表が2−0で勝利を収めた。

 得点を挙げた岡崎は「良いところも悪いところもあったのかなと思います。うまくクロスから崩して、という意図は結構ありました」と試合を振り返った。その一方で、「それ以外のバリエーションが少なかったかなと感じています」と反省点を挙げ、「チームとして話し合わなければいけないです」と語った。

 さらに、攻撃面に関しては「個々にチャンスはあったので、点はもっと入っていたと思います」と主張。「勝ち上がっていくうえでは、そこが大事な部分です」と述べた。

 また、アジアカップでは自陣に引いて守る相手との対戦が想定される。岡崎は「そんなに数多くのチャンスを作るのは難しいです」とコメント。「我慢してプレーするのが一番大事なこと。リスクマネジメントを90分間できるかどうかだと思います」と続け、大会に向けて気を引き締めていた。