2015年CESの見どころ、5つのポイント:VR機器から量子ドットテレビまで

写真拡大

これから開催される2015年のインターナショナルCESの見どころを紹介する。キーワードは、ウェアラブル、ヴァーチャルリアリティー、量子ドット、4K、コネクテッドホームの5つだ。

「2015年CESの見どころ、5つのポイント:VR機器から量子ドットテレビまで」の写真・リンク付きの記事はこちら

半導体チップからタブレットデヴァイス、ネットにつながる自動車まで。米ラスヴェガスで開催される CES( Consumer Electronics Show )は、来るべき今年のデヴァイス、イノヴェイションの見本市だ。

ここ数年、CES において 3D 技術や電子リーダー、ウルトラブックなどのトレンドが発信されてきたのを目にしている。会場の雰囲気を大きく揺るがした流れ星のように、ショウが終わると失速するケースもあったが、消費者にとってすれば次に人気が出るものをここで見定めることができる。

関連記事:CES注目のアイテムベスト10

2015年の”きら星”たちは、さほど代わり映えのしないラインナップのものになりそうだ。4K やコネクテッドホームシステムなど、これまでに見たことのあるテクノロジーが出揃うことになりそうだが、これらはより効率的で丈夫で、そして何より、コストが手頃になっている。以下の5つは、今回期待できるキーワードである。

1.ウェアラブル2.0

2014年は、ウェアラブルデヴァイスが数多くリリースされたが、その結果、大量の、同じような製品が溢れかえることになった。形状、色、大きさこそ異なるものの、「腕につけるバンド」で、「動作、歩数、消費カロリ−、睡眠状況を追跡する」ものだ。

2015年も、確実に多くの製品を目にするだろうが、差別化がなされるだろう。ウェアラブルはよりスマートに、より洗練されたものに、そしてよりユニークなスタイルとなるだろう。

関連記事:Withings、それは「腕時計らしい」ウェアラブル

身体に関するデータトラッキングが簡単になり、いまや心拍パターン、血中酸素量など、より有用な生態関係データを数量化することができる。しかも、大した意味のないグラフを表示するだけでなく、現実的なアドヴァイスもできるようになっている。例えば、日常の習慣情報に基づいて、快適な睡眠や効果的な活動のための提案が可能だ。

チップが進化し、バッテリー寿命が延び、機能が充実することで、ハードウェアについても進展がみられるだろう。メーカーは、ユーザー誰もが真っ黒なプラスチックバンドを腕につけたいと思っているわけではないとわかっている。さまざまな価格帯で、多くの色やスタイルをもつ製品を提供してくれるだろう。そうなれば、ジョギングをするときだけでなく、お洒落なバーにいるときなどに身につけるのに相応しい製品をもつことができるはずだ。

2.コネクテッドホーム

屋内にあるものすべてを接続しようとしている企業にとって、あなたの家は新たな戦場だ。Logitech の Harmony ラインや Zigbee や Z-Wave で稼働する製品などをハブにして、電球が、テレビが、スピーカーが、家電製品が、Wi-Fi や Bluetooth LE を介してダイレクトに接続されるだろう。

各企業が、Sonos の成功に倣おうとしているいま、2014年と同様に今年も、Bluetooth スピーカーなどの家庭用オーディオシステムが、コネクテッドホームサーヴィスにおいて中心的な存在となるだろう。

3.4Kが主流に

これまで、多くの人が 4K の美しい繊細な画面を”横目で”眺めてきた。というのも、料金は数万ドルと高額で、いまでも一般消費者からすると簡単に追加できる代物ではない。今年、4K テクノロジーは遂に価格が私たちの手に届く水準になるほど進化するだろうか? 答えはイエス、だ。

4K テレビやディスプレイを目にするのは確実だとして、4K ヴィデオカメラ、アクションカメラなどについても、ソニー、シャープ、LG、サムスン、ハイセンス、パナソニックなどが商品をリリースするようになるだろう。

4.量子ドットの流行

まるで SF 小説のような名前だが、量子ドットとは、LCD に OLED のような色域を追加しようとするものである。実際、LG を例外とする多くのメーカーにとって、量子ドットが OLED を完全に代替する可能性がある。なぜなら量子ドットはパフォーマンスに優れ、製造コストが低いからである(LG はそれでも OLED ディスプレイにかけている)。

量子ドット LCD ディスプレイは、ディスプレイのバックライトとカラーフィルターの間にナノ粒子の層を挿入することで機能する。これによって、精密さ、色彩の幅が広がる。

Kindle Fire HDX タブレットやソニーの Triluminos テレビセットはすでに量子ドットテクノロジーを採用しており、ヴィジュアル面で賞賛の声を受けているが、CES ではさまざまな量子ドットのディスプレイ関連製品が展示されるだろう。

5.ヴァーチャルリアリティーがリアルに

ヴァーチャルリアリティーは何十年もの間、一種の幻想であり、熱狂と失敗の波の中で現れては消えてきた。そして、オキュラス・リフトは2014年初めに Facebook に買収される前、2013年、2014年と、CES において、それがいかなるものかを示してきた。Oculus だけではない。Samsung による199ドルのGear VRプラットフォームの勢いも増している。

関連記事:オキュラス・リフトで神童パーマー・ラッキーが見る夢

2015年は、ヴァーチャルリアリティーのセットアップを活用した最新ソフトウェアに加え、この波に乗ろうとしている企業による最新ハードウェアも目にすることになるだろう。最新エンターテインメントの新しい夜明けだといえるが、テクノロジーはまだ未熟で、この興奮とアプリ開発が時期尚早という結果に終わらないことを願っている。

TAG

4K VideoCESGadgetReportVirtual RealityWearableWIRED US