就職活動がうまくいかない大学生の「就活自殺」 7年で200人超

ざっくり言うと

  • 「就活自殺」が7年間で218人に上ることが、警察庁のまとめで分かった
  • 専門家は「解決には、雇用環境を改善することが先決だ」と指摘
  • 「自殺防止対策室」を設置するなど、各地の大学も学生の支援に力を入れる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング