箱根駅伝 シード権争いで大きなドラマ「まさかこんな…」

ざっくり言うと

  • 箱根駅伝のシード権争いで、大きなドラマが生まれた
  • 9区を終えて8位につけていた中大のアンカー多田が、10区最下位と失速
  • チームは19位まで後退し、3大会ぶりのシード権を逃した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング