福西の先制ゴールに歓喜の輪が広がる。この一撃により、完全なる敵地で主導権を握った。 (C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 1月9日にアジアカップが開幕する。連覇を目指す日本は12日のパレスチナ戦で大会をスタートさせる。
 
 史上最多4度のアジア制覇を成し遂げている日本代表。ドラマに富んだその4度の優勝を『週刊サッカーダイジェスト』のアーカイブからお届けしよう。
 
“完全アウェー”の中国で連覇を達成したのが、2004年大会のジーコジャパン。頂点には立ったものの、選手の自主性に任せたジーコの指揮には危うさが見え隠れした。
 
 決勝レポートを週刊サッカーダイジェスト2004年8月24日号より。
 
――◆――◆――

 湿度が高いためか、スタジアムは白く霧がかかっている。赤い国旗が無数に揺れている。両国の選手がウォーミングアップのためにピッチに現われると、歓声と罵声が交錯する。北京工人体育場。日本は開催国との決戦に残る全ての力を注ぎ込む。
 
 試合は、周囲の騒然とした雰囲気とは対照的に、実に静かなスタートを切る。とくにホームの中国は慎重だった。バックラインは高めだが、相手の出方をうかがうようにボールを回し、ゆっくり前へ進出する。
 
 日本にとって、これは願ってもない状況である。オマーン、バーレーンなどの中東勢はスピードを武器に、かさにかかって攻めてきた。それに比べれば、中国の遅攻は対応が容易だ。選手たちはただ、落ち着いて自分たちのサッカーを貫けばよかった。
 
 21分、日本にチャンスが訪れる。左サイドで中村がファウルを受け、FKを獲得した。今大会、何度も決定機を作ってきた彼の左足がまたもや、日本に歓喜をもたらす。
「今大会は狙ったとこに蹴れることが多かった」(中村)
 鮮やかな放物線を描いたボールをファーサイドの鈴木が頭で折り返し、中央の福西がヘディングシュート。ボールはゴールに吸い込まれ、日本は先制に成功する。
 
 中国も反撃に転じる。スローではあるものの、ポゼッションを高めて日本陣内に侵入していく。丹念なボールキープが結実したのは31分。左サイドからドリブルを開始したイェン・ソンが中央へパスし、それをリー・ミンがダイレクトでシュート。ボールは日本ゴール右隅に突き刺さった。
 
 同点劇にスタジアムが沸き返る。勢いに乗った中国は36分にシャオ・ジアイがミドル、45分にはジャオ・ジュンジャがゴール右の至近距離からシュートを放ち、攻勢を仕掛ける。だが、いずれも川口の好セーブで、追加点はならなかった。
 
 今大会の日本は、先制されるケースが目立った。それでも最後は執念で試合を乗り切り、この決勝戦の舞台まで這い上がってきた。その経験が大事なところで生きた。後半の日本は、中国にほぼ何もさせず、ぐうの音も言わさずに叩きのめしたのだから。
 
 65分、中村のCKを中田浩が胸で押し込み、日本が再びリードする。77分のピンチは川口が二度に渡ってセーブする。次第に戸惑いの色を隠せなくなっていく中国。攻略の糸口を探そうとパスを回すが、打開策は見つからない。逆に日本は、相手の浅いバックラインを下げようと、裏を取るようなパスを何度も通す。もはや勝負は決したようなものだった。
 
 前に意識が傾いた中国守備陣をあざ笑うかのように、中村が必殺スルーパスを玉田へ送る。ダメ押しゴールを背番号20がゲットした瞬間、中国の動きはパッタリと止まり、スタジアムは静けさに包まれた。と同時に、日本代表の、アジアカップ連覇へのカウントダウンが始まった。
 
 6万2000人もの観衆を集めたアウェーの地で、怯むことなく力を誇示して中国を粉砕。大会中、大音響のブーイングに晒され、アジアの新勢力に強烈な突き上げを食らったジーコジャパン。しかし、苦しい戦いを通して得ることになったより大きな経験と自信を携え、祖国へと凱旋を果たす。今はただ、逞しき猛者たちに万雷の拍手を贈ろう。