写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝は、今回もニューヨーク タイムズスクエア年末カウントダウンイベント「Times Square New Year's Eve Celebration」にオフィシャルスポンサーとして参加。イベントを盛り上げた。

「Times Square New Year's Eve Celebration」は、毎年100万人以上の観客が集まり、全世界で10億人以上がテレビで視聴するといわれている世界最大級のカウントダウンイベント。東芝ビジョンが設置されているワン・タイムズスクエアビルは有名な「ボールドロップ」の舞台であり、午後11時59分より、60秒かけて上空からオレンジのボールが降下。同時にタイムズスクエアの中心に位置するワン・タイムズスクエア・ビルの最上部のLEDスクリーン「Toshiba Vision Times Square (以下、東芝ビジョン)」では、恒例の60秒カウントダウンで、新年を迎える会場を華やかに彩っている。

今回も会場に集まった約100万人の観客による地鳴りのようなカウントダウンの大合唱、その熱気で紙吹雪が宙に舞う様子は圧巻で、カウントダウン数字の「0」が映し出され、「Happy New Year」の文字が現れた瞬間、観客は抱き合い、Happy New Yearの歓声がタイムズスクエア中にこだまし、年が明けた。

東芝ビジョンには、恒例の年末60秒カウントダウンのほか、テイラー・スウィフトや、O.A.R.(オブ・ア・レヴォリューション)、アレハンドラ・グスマンらが登場したライブの模様などが映し出された。

○カウントダウン公式ステージで「ジャパンカウントダウン」も

カウントダウンイベント本番前の日本時間2015年1月1日午前0時(現地時間2014年12月31日午前10時)、NY在住の日本人向けにジャパンカウントダウンを実施。東芝ビジョンでは、女性書道家の成田眞澄氏による筆文字と今年の干支である羊が力強く躍動するカウントダウンアニメーションを放送し、来場者には東芝ビジョンに映しだされた映像とシンクロするようなオリジナル扇子を配布。今回、本番と同じステージを使用して晴れ着姿の日本人女性たちとともに、日本らしい新年のお祝いした。また晴れ着姿の女性たちは今年の漢字として、自身の目標などを掲げていた。

○カウントダウンイベントの様子を動画でチェック