3年目のシーズン 歓喜の瞬間を迎えることはできるか(撮影:米山聡明)

写真拡大

 米国PGAツアー参戦3シーズン目を迎えている石川遼。苦しんだ初年度から下部ツアーの入れ替え戦を経て、2シーズン目は安定したパフォーマンスでシード権を確保してみせた。そして真価の問われる3シーズン目。すでにスタートしている2014-15シーズンをどう戦っていくのか。そしてどこに目標を置いているのか。年末合宿を張った沖縄の地で展望を語った。

―2014年を振り返って
2014年は長い1年でしたね。1月から始まって、12月まで試合をずっと戦ってたので、非常に長いシーズンと感じました。その中で、どうしても波というものがつきものなんですけど、2013年に比べて、波が悪いほうにそこまでいかなかった。悪い時に耐えて予選通ってというのができて、ポイントを稼げてシード権を獲れた。そこが前のシーズンから成長できた点かなと思います。
例えばRBCヘリテイジで予選ラウンドの最終ホールでバーディを獲って予選を通ったというのがあったんですけど、その週はティショットが曲がってずっとラフばかりで、最終ホールもラフからセカンドでした。でも、ここでバーディを獲らないと予選通らないと思っていて、目の前の木を越えてバーディを獲れた。ああいう試合が多かったですね。予選カットラインの下から上がっていって予選を通るというのが多かったです。
今年(2014-15シーズン)の開幕からの2試合もそんな感じで予選通過してきたので、もう少し上位で予選を通れれば優勝争いにも加われるのかなと思う。
―あらためてシーズンの目標
2015年は、1試合1試合を大きな経験値となるように戦っていければと思います。テーマは「狙う」ということ。ターゲットに対してしっかり打っていくということをやっていきたい。
これまではコース上でもスイングうんぬん、ダウンでここに下ろしたいとかいうことをやっていた。でも、ゴルフはボールを狙ったところに運ぶというのが、すべての人の共通の目的。それを改めて自分でも極めてやっていきたいなと思う。そうすれば結果は後からついてくると思いますね。
ただ、こういうことが言えるようになってきているのも、今のスイングなら狙ったところに飛ばせるという感覚がでてきたから。体の全部がターゲットに対して、同じ目的を持って動いてくれている。今まではどこかでブレーキがかかって、不自然な動きになっていた。目的に体のすべてが沿っていなかったのかなと思う。
ボールを真っすぐ飛ばしたいのが目的ではなくて、思ったところに飛ばしたいというのが目的。これまではそこからそれ気味だったのかなというのは反省ですね。
大きな目標としてはやはり今年よりも成績的に出していきたい。レベルの高いツアーで、アメリカで優勝できるように、そこだけを目指してやりたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>