女性に人気のドクターシーラボから、 抽選で3名のみのティー・ワイ・オーの オリジナル株主待まで。1月の注目株主優待を紹介!

数は少ないながらも、ダイドードリンコやドクターシーラボなど定番の人気優待がある1月。さらに、抽選ではあるが、オリジナルミュージックビデオの制作や高額の旅行券という、太っ腹な優待が用意されている銘柄もあって見逃せない!

自社商品や飲食割引券、金券など、
バラエティに富んだ1月の人気株主優待

 1月が権利確定月の株主優待銘柄は、全部で約25件とかなり少なめ。下の表では、その中から定番の人気株主優待6銘柄をピックアップした。

【表1】1月の定番人気の株主優待銘柄
株主優待利回り 予想配当利回り 最低投資金額 最新株価チャート
1 【会社名(コード)】モロゾフ(2217) /【確定月】1,7月
1.12% 35万7000円
【株主優待内容】
1000株以上で、1000株ごとに株主優待券10枚。1枚につき税込1080円分までの商品購入・飲食を20%引で利用可。ほかに、オンラインショップでの20%引購入も可(指定期間のみ)
【備考】3年以上の継続保有者には2000円相当の自社商品も(7月のみ)
2 【会社名(コード)】ダイドードリンコ(2590)/【確定月】 1/20,7/20
48万8500円 1.23% 1.23%
【株主優待内容】
100株以上で3000円相当の自社グループ製品詰め合わせ
【備考】前回優待品は、自社飲料18本のほか「たらみ」のゼリー6個
3 【会社名(コード)】ミサワ(3169)/【確定月】1月
26万8000円 1.87%
【株主優待内容】
100株以上で、unico各店で使える15%割引券2枚のほか、株主限定商品、レストラン食事券、バイヤーセレクト商品(各5000円相当)から1つを選択
【備考】前回の株主限定品はタオルセット、バイヤーセレクト商品はワイン2本。食事券が利用可能なレストランは「Le Bistro」、「bistro oeuf oeuf」の2店舗
4 【会社名(コード)】ティー・ワイ・オー(4358)/【確定月】1月
8万8500円 1.13% 2.26%
【株主優待内容】
500株で1000円分、2500株で3000円分、5000株以上で5000円分のQUOカード
【備考】ほかに、抽選で3名に株主や家族が出演するオリジナルミュージックビデオを制作
5 【会社名(コード)】ドクターシーラボ(4924)/【確定月】1月
39万8000円 2.51% 2.06%
【株主優待内容】
100株以上で1万円相当、200株以上で2万円相当、300株以上で3万円相当の自社商品セット
【備考】前回の100株優待は、アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャーEXなど全3品
6 【会社名(コード)】タカショー(7590) /【確定月】1/20,7/20
5万800円 3.35%
【株主優待内容】
100株以上でカタログ商品の割引購入、イベント招待(1/20のみ)、加えて200株以上の場合は自社商品も(1/20のみ)
【備考】自社商品の優待は保有株式数に応じて、複数候補から選択可能
※優待内容、最低投資金額、利回りは12月22日終値時点

 ダイドードリンコ(2590)は、48万8500円(12月22日終値で計算、以下同)と投資金額は高めだが、自社グループの飲料やゼリーなど合計20品以上がもらえて幅広い層から支持されている。

 一方、特に女性に好評なのが、メディカルコスメとして知られるドクターシーラボ(4924)。こちらは、100株以上で1万円相当の自社商品セットがもらえる。男性投資家なら、妻や娘などへのプレゼントとして利用するのもオススメだ。

 飲食に使える1月の株主優待では、【表1】に掲載した定番のモロゾフ(2217)のほか、2014年に新規上場した鳥貴族(3193)にも注目したい。現在は株主優待獲得に72万3000円が必要だが、1月末に1:2の株式分割を行なう予定で、そうなれば今よりは投資しやすい金額になる。

 株式分割後は、100株株主優待も現在の「3000円分の株主優待券(1月・7月)」から「1500円分の株主優待券(1月・7月)」と半分に変更される。ただし、分割後は新たに200株以上の株主優待「3000円分の株主優待券(1月・7月)」も導入されるため、現在100株保有中の人は分割後も今と同じ水準の株主優待がもらえるのでご安心を。

 気を付けたいのは、ガーデニンググッズなどを扱うタカショー(7590)の株主優待。カタログ商品の割引購入やイベント招待、カレンダーの株主優待については100株保有でOKだが、自社商品の株主優待を獲得するには200株以上が必要になる。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)