人生の再起を図る。41歳独身無職が就職する方法
アベノミクスの影響か、最近人手不足を伝えるニュースは多い。だが、一方で、40歳以上の中高年層の転職に関しては厳しいものがあるようだ。教えて!gooにも「41歳 只今無職ですが人生をやり直したい」という質問が。

「大学を卒業後、就職し転職は2回してますが36歳までサラリーマンしてました。その後 一年ほど職が決まらず(中略)…バイト生活をダラダラと3年近く続けてしまいました。そしてやっと見つけた定職の口も3ヵ月で辞めてしまい、現在無職1ヵ月です。(中略)…41にして独身無職の現状ですが、何とか再起をはかりたいと思っています」

40歳からのリスタート、成功させるにはどんなポイントがあるのだろうか。回答を見てみよう。

■40歳からのリスタート、方法は?

寄せられた回答を見ると、

「もう一度『イチから出直してみる』。いいのではないでしょうか」(pluto1991さん)

というように、挑戦自体には肯定的にとらえている人が多い。一方で、

「もう社会人的にベテランなわけですから、それなりに厳しい意見になりますが『考え方に一貫性が見られない』というのが痛いです。(中略)…仕事でも、恋愛でも、結婚でも、もっと欲張って上を目指して下さい」(tombanさん)

というように、前向きな姿勢がほしいという意見も目についた。では、具体的にはどうするべきなのだろうか。まずは、持っている資格を生かすべきという意見。

「持っている資格によってはチャンスがあるかもしれませんね。結婚するにもまずは収入が大切なので、しばらくのあいだは就職に力を入れてみてはどうでしょう」(wwwwww00さん)

「資格、ですね。僕の父も40後半ですが国家試験…どんな、とは言いませんが、仕事帰り、休日、寝る寸暇を惜しんで…頑張っております」(itsup128さん)

また、独立起業を勧める意見も複数寄せられた。

「質問者さんの場合は、既に一定のキャリアをお持ちのようですから、やはり独立起業の方向で考えられませんか。(中略)…過去の友人や仕事関係者とのコネクションは大切にした方が良いです」(syaoron001さん)

では、普通に就職面接を受けて面接を突破できるのだろうか。

「私が無職の時に面接してくれた社長が、職歴の少ない人が好きな社長もいれば、職歴の多い人が好きな社長もいると言ってました」(2taroさん)

職歴も問題だが、約3年間のブランクや、直近の仕事を3ヵ月で辞めていたりと心配な要素は多い。求人サイトなどをチェックしてみると、ブランクOKだったり、年齢に関係なく採用している企業も存在する。結局は「根気よく探すのが一番」(asakura33さん)ということになるのではないだろうか。

古田ラジオ(Furuta Radio)