ベルリンで出張自転車修理をするイタリア人

写真拡大

アレッサンドロ・ルーゴはドイツに移住して自転車の修理をしている。ハンディキャップとなるはずのイタリア語と資金の乏しさが、彼のビジネスの出発点になった。

「ベルリンで出張自転車修理をするイタリア人」の写真・リンク付きの記事はこちら

ベルリンでは、自動車をもっている人はあまりいない。主に、公共交通機関と自転車で移動する。自転車が壊れても、地区ごとに何十人も自転車を修理してくれる職人がいる。ビジネスとして、それほど大きな利益を生むわけではないが、それでも多くの人がそれで暮らしている。

イタリア人アレッサンドロ・ルーゴは、そんな職人のひとりだ。ドイツ人が支配する市場に道を切り開くために、ハンディキャップになったかもしれない2つの要因を、ポジティヴなものに変えた。

その1つが言語の問題だ。

しかし、ベルリンのイタリア人コミュニティは、いまも増え続けており、ひとつの市場をつくりあげている(ベルリン在住のイタリア人の人口は公式には約26,000人だが、これに少なくともその倍が加わる。彼らは主にフリーランスや学生で、イタリア大使館や市の役所に登録をすることは滅多にない)。ルーゴがいるから、ベルリンのイタリア人たちは修理の値段やその他さまざまなアドヴァイスを完璧に理解できる。

しかしそれでも、開業資金が必要だ。そこに2つ目の問題がある。

ベルリンで自分で商業活動を始めることは、イタリアでするよりも簡単だ(審査や事務は一般的により速い)。とはいえ、ある程度の資金が必要なのに変わりはない。

彼は、自宅を工場とすることで、この問題を解決した。客が電話かメールで注文すれば、通常24時間以内でルーゴが自転車を取りにやって来る。故障がすぐに解決できるものなら、その場で修理する。そうでなければ地下鉄に自転車を載せて家に持ち帰り、次の日、修理した自転車をまた持ってくる。

ルーゴがベルリンにやってきたのは2年ほど前のことだ。彼の生まれた都市、パドヴァでは、4年間、自転車とスノーボードの店をもっていた。ベルリンにやって来たのは、ある女性への愛のためであり、また、イタリアでは未来の展望が見えなくなっていたからだ。

「ベルリンにやって来たときは、知り合いはおらず、とても寂しかった。でもわたしはここで、郷里と同じ環境を再びつくろうとしました。まずはイタリア人の顧客から始めて、友人同士になって。そしたら彼らがクチコミで評判を広めてくれました。

いまはドイツ人のお客さんもたくさんいます。家で提供するサーヴィスを気に入ってくれているし、わたしのアドヴァイスを信頼してくれている。結局、頼れる人間とわかれば、彼らも他のどんな人と同じように、信頼を置いてくれます。いい人だとわかれば、友達にもなります」。

1418828613_10440829_10204272094952701_5954614424146312502_n

TAG

BerlinBicycleLifestyleStartup MindWIRED IT