写真提供:マイナビニュース

写真拡大

20周年プロジェクトが始動し、2016年公開予定の完全新作のアニメーション映画も大きな話題となっている『遊☆戯☆王』の主人公・武藤遊戯の裏人格をフィギュア化した『ARTFX J 闇遊戯』が、コトブキヤより4月に再販されることが决定した。価格は7,344円(税込)。

「ARTFX J」シリーズは、日本から生まれたアニメ、漫画の人気キャラクターを立体化するコトブキヤのフィギュアシリーズで、名作のキャラクターたちを当時一ファンとして追い続けていたコトブキヤの企画者、原型師たちがこだわり抜いてプロデュース。これまでに『幽☆遊☆白書』『新テニスの王子様』『劇場版トライガン Badlands Rumble』『遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ』『進撃の巨人』といった作品を人気キャラクターが、続々と立体化されている。『遊☆戯☆王』シリーズからは、3月に『ARTFX J 闇バクラ』が発売予定。

闇遊戯は、武藤遊戯が千年パズルを完成させたことで彼の中に現れたもう一つの人格の通称。遊戯が危機に陥ると出現し、敗北者には精神が崩壊するほどの罰ゲームが与えられる「闇のゲーム」で、幾度となく遊戯の危機を救っていく。

『ARTFX J 闇遊戯』は、肩にかけた学ランをなびかせてカードを構える姿で立体化。表情から髪型、腰の入ったポージング、千年パズルなど細かなアイテムまで丁寧に造形され、学ランはメタリック塗装で再現されている。引き締まった二の腕の筋肉のふくらみ、身体の動きに合わせた制服の皺まで忠実に再現され、闇遊戯フィギュアの決定版といえる仕上がり。学ラン、千年パズル、デュエルディスクは着脱可能となる。

商品価格は7,344円(税込)で、現在コトブキヤのショッピングサイト「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の販売および発送は4月を予定している。また同月には『ブラック・マジシャン・ガール』の再販も决定しており、「コトブキヤオンラインショップ」で予約受付もスタートしている。

(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS