豪州へ出発…長谷部「1試合1試合が大変なのはみんな覚悟してる」

写真拡大

 2日、日本代表は9日からオーストラリアで開催されるアジアカップに向けた国内合宿5日目の練習を実施。練習後、フランクフルトに所属するMF長谷部誠が記者団の取材に応えている。

 同日の練習後、オーストラリアへ移動する日本代表。長谷部は、「やはり気候がまたガラッと変わるんで、体調管理は大事だと思いますけど、やっぱり試合になれば暑い中でやる。暑さというより湿度だと思うので、早めに行ってしっかりと向こうの試合する環境に慣れることが大事かなと思います」と、南半球に位置するオーストラリアの気候についてコメントした。

 今回のアジアカップは連覇への挑戦となるが、「やっぱりワールドカップ予選とかを戦ってる選手は当然(厳しさを)感じていると思います」とし、「やはりアジアのレベルが上がってきているのは、ウズベキスタンなりカタールなり、バーレーンとかヨルダンもそうだし、イランとかもそうですけど、そういう中堅どころだったチームのレベルが上がってきてるというのは感じていて、そういう相手はなかなか簡単には勝たせてくれない」と、アジアの厳しさについて言及。

 しかし、「1試合1試合がほんとに大変な試合になるというのはみんな覚悟してるし、そういう意味ではもちろん難しいのは分かってますけど、そこにしっかりチャレンジして優勝したいですね」と、改めて明確な目標を口にした。

 日本代表は、12日に行われるパレスチナ戦でアジアカップの初戦を迎える。