2日、中国版ツイッター・微博で、同日に発売される福袋を目当てにアップルストア札幌店に並ぶ人々の姿が伝えられた。写真は上海のアップルストア。

写真拡大

2015年1月2日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、同日に発売される福袋を目当てにアップルストア札幌店に並ぶ人々の姿が伝えられた。

【その他の写真】

投稿は、雪に埋もれながら列に並ぶ人々の写真を付け、「熱狂的なアップルファンが福袋を求めて大雪の中、夜通し並んでいる。数人の警備員が肩をたたいて、生きているかどうか確認して回っていた。これを見て、誰が自分のことをアップルファンだと言えるだろうか」と書き込んでいる。

これに対して、中国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられている。

「そこまでするか」
「彼らはだいぶ重症だな」
「生きているか確認って、怖過ぎる…」

「見た目はごみ袋が並んでいるみたいだね」
「どうやら、並んでいるのは中国人だけじゃないようだ」

「警備の人は優しいね」
「日本に福袋を買いに行きたい」
「おれたちはアップルファン、彼らはただのバカ」

「絶対に代理購入だろうね」
「全員、代理購入目的の中国人だろう」
「肩をたたいてみたら、みんな中国語しかわからない人たちだったとさ」(翻訳・編集/北田)