米国で大みそかに母親を斬首した男性を逮捕 統合失調症が要因か

ざっくり言うと

  • 米国で14年12月31日、23歳の男がおので母親の頭部を切断する事件が発生
  • 男には統合失調症があり、母親の小言に嫌気がさしたことが動機とみられる
  • 男は母親の遺体を遺棄して逃走したのち、警察に身柄を拘束された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング