石川遼が抱える課題、テーマとは?(撮影:米山聡明)

写真拡大

 米国PGAツアー参戦3シーズン目を迎えている石川遼。苦しんだ初年度から下部ツアーの入れ替え戦を経て、2シーズン目は安定したパフォーマンスでシード権を確保してみせた。そして真価の問われる3シーズン目。すでにスタートしている2014-15シーズンをどう戦っていくのか。そしてどこに目標を置いているのか。年末合宿を張った沖縄の地で展望を語った。

・特に注目したい部門のデータは
スタッツ的にはフェアウェイキープ、トータルドライビング(飛距離とフェアウェイキープを合わせた数値)がPGAにもあればそこを目指したい。例えフェアウェイにあっても30ヤード手前ならアドバンテージにならないし、やはりトータルドライビングが大事。パーオン率という数字はラフからピンを狙えずに、やむなくグリーンに乗っただけのパーオンっていうのはチャンスになってこないので、やはりフェアウェイから打つというのが大事になってくる。
ラフからだとフェアウェイに比べて3つくらいプラスアルファで考えなければいけない。フライヤーするのかしないのか、ボールの下にどれだけ隙間があるのか、ボールとフェースの間でどれだけ抵抗を受けるのかとか。番手でも同じ150ヤードのクラブを決めるのにラフからの方が3倍4倍考えるので、それだけ労力を使ってしまうことになる。
なので、ドライバーで飛ばしていかにフェアウェイをキープできるかですね。それも、広いパー5での飛距離、精度ではなくて、フェアウェイがせまいホールだったり、右に池、左に池があるという時に、行ってはいけないところを最優先で避けつつフェアウェイをキープするという技術がついてくれば、課題はクリアできるのかなと思っています。
・課題は
課題は、自分で主観的に見て必要と感じる部分と、データを見たときに足りない部分と一致しているのがやはりティショット。数値的にもパー3は良いスコアでプレーできているけど、パー4でスコアを落としている。何が違うかというと、ドライバーを打つか打たないかと、セカンド以降のマネジメント。
ドライバーがフェアウェイに行かずラフから打つことが多くて、そこから簡単にボギーにしてしまっている。フェアウェイからセカンドを打つことができれば、パー3と同じようにマネジメントができると思うので、やはりティショットの精度が大事だと思います。
でも、本当に自分の口から自然と優勝を目標にすると言えるようになっただけで、変わったんだなと思いますね。去年もウェブドットコムツアーから上がってきた選手の中から優勝者が出たり、同じ舞台でやってた選手が活躍している姿をみると、あの選手ができるなら自分もという刺激を強く受けますね。
#3 2014年を振り返って、2015年のテーマ(1月3日配信)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【米国男子ツアー編】
松山英樹はアジア勢最高位で2014年を終了 石川遼は102位
美女とゴルフ&ドライブ!第3弾の美女は…
ゴルフ初心者に送る入門ガイド「今日、ゴルフはじめます。」