31日午前の気象庁発表によると、東北・北海道の日本海側で続いている大雪、暴風、高波は、2月1日にかけて東日本、西日本に移る見込みだ。同庁は、1日にかけて北日本から西日本の日本海側の地方を中心に広い範囲で大雪、暴風、高波に警戒を呼びかけている。日本上空への強い寒気の流れ込みは3日頃にかけて続く見込みだ。

 日本付近は強い冬型の気圧配置となっている。このため、北日本から東日本にかけての日本海側を中心に降雪が断続している。31日午前4時までの24時間の降雪が、青森県酸ヶ湯で47センチ、福島県只見で50センチ、新潟県関山で64センチなどとなった。

 31日夜から2月1日にかけて上空5500メートル付近で氷点下36度以下の寒気が西日本まで南下する見込み。このため、大雪、暴風、高波などの荒れた天気は1日にかけて西日本、東日本にも移る見込みだ。

 1日6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、北陸で80−90センチ、東海(岐阜県)、東北日本海側、関東甲信北部(長野県、群馬県)で50−60センチ、西日本では、中国の山沿いで70センチ、近畿北部の山沿いで40センチ、四国・九州北部・九州南部の山沿いで10−20センチ、中国の平野部で30センチ、近畿北部の平野部で15センチ、四国・九州北部・九州南部の平野部で5−10センチの見込み。1日の朝以降も全国的に日本海側を中心に2日にかけてさらに増えるもよう。

 また、1日にかけて、西日本から北日本にかけての広い範囲で海上や岬では西または北西の季節風が非常に強く、海上では大しけとなる所がある見込みだ。予想される最大風速は、陸上13−20メートル、海上18−25メートル、波の高さは高い所で日本海側、太平洋側ともに4〜6メートルに達する見込み。

 気象庁は、明日1日にかけて全国的に日本海側を中心に広い範囲で大雪、暴風、高波に警戒が必要と呼びかけている。特に西日本では平野部でも積雪となり大雪のおそれがある。なだれや吹雪、降雪による視程悪化、積雪や路面凍結による交通障害、落雷、突風に注意が必要だ。

 強い冬型の気圧配置は2月3日頃にかけて続く見込みで、この間、全国的に気温が下がり、特に、東日本、西日本では平年よりかなり低くなるおそれがある。低温にも注意が必要だ。

31日午前9時30分現在、発令されている警報は以下の通り。
北海道
渡島西部:暴風雪、波浪警報
檜山北部:暴風雪、波浪警報
檜山南部:暴風雪、波浪警報
檜山奥尻島:暴風雪、波浪警報

青森県
東青津軽:波浪警報
北五津軽:波浪警報
西津軽:波浪警報

秋田県
秋田中央地域:波浪警報
能代山本地域:波浪警報
本荘由利地域:波浪警報

石川県
加賀北部:波浪警報
加賀南部:波浪警報
能登北部:波浪警報
能登南部:波浪警報
【了】

気象庁 警報・注意報情報