健康リスクと経済性の天秤:ニューヨーク州は「フラッキング」を禁止した

写真拡大

天然ガス、シェールガスを効率的に採掘する手段である「フラッキング」についての議論に、新たな展開が起きた。ヴァーモント州での形ばかりの禁止規制に続き、ニューヨーク州がアメリカで初めて、天然ガスを採掘する水圧破砕法を禁止した。潜在的な健康リスクを懸念して、さらなる研究結果が出るのを待つためだ。

「健康リスクと経済性の天秤:ニューヨーク州は「フラッキング」を禁止した」の写真・リンク付きの記事はこちら

6カ月にわたる評価を経て、ニューヨーク州は「フラッキング」、つまり天然ガスの水圧破砕法の実施を州内全域で禁止した。これは、住民がさまざまな健康リスクにさらされるのを避けるためであり、また、この技術の実際の経済的利益に対する疑問のためでもある。

州知事アンドリュー・クオモは、先だって発表された健康担当部署の長いレポート(PDF)に続いて、この決定を明らかにした。文書は特に、フラッキングの際の地盤への砂、水、化学薬品の注入に起因する、健康に対する潜在的な影響に関する「著しい不確かさ」について説明している。

しかしこれは、最終的な評価ではない。というのも、禁止が有効なのは、水圧破砕法が人々の健康にどの程度のリスクをもたらすのかを厳密にする「十分な科学的研究」がなされるまで、だからだ。

水圧破砕法によって考えうる問題には、次のようなものがある。

まず、利用される装置と化学物質、さらにガス井戸そのものからの潜在的な漏失に起因する大気汚染。そして、液体の流出や不完全な処置を原因とする、化学物質による水質汚染。さらに、フラッキングはいくつかの地域で地震リスクを増大させたと疑われている。もっとも、引き起こされた地震は、震度の弱いものだったが。

「わたしたちは、健康に対するフラッキングの影響を証明する証拠も、反証する証拠ももっていません」と、州の衛生局長、ハワード・ザッカーは語った。「しかし、研究によって持ち上がった疑いは、実施を停止する理由として十分なものです」。

アメリカにおいてフラッキングが禁止となるのは、ニューヨーク州が最初ではない。2012年にはヴァーモント州で禁止されることとなった。しかし、ヴァーモント州には商業的に成立するだけの天然ガス資源がないため、この政治的動きは象徴的なものでしかなかった。したがって、今回のニューヨーク州のものが、水圧破砕法の最初の、本当の禁止、なのだ。もっとも、すでに2008年から、州内全域では、この技術のモラトリアム(一時的停止)が行われていたのだが。

ガス・ヴァン・サント監督の映画『プロミスト・ランド』(2013年)は、疲弊した農村におけるシェールガス採掘をめぐって繰り広げられる、投入される潤沢な開発資金と明らかになる環境問題とを描く。主演を務めたマット・デイモンは、フラッキングに対して反対の姿勢を貫いていることでも知られている。

TAG

EnvironmentFrackingGovernmentNatural ResourcesShale GasWIRED IT