※イメージ画像:『TEARS(ALL SINGLES BEST)(初回生産限定盤)』(DVD付)中島美嘉/SMAR

写真拡大

 先日結婚したばかりで幸せいっぱいの歌手・中島美嘉(31)に批判が殺到する事態が起きている。

 かねてから交際していたバレーボール男子日本代表の清水邦広選手(28)との恋を実らせ、昨年12月25日のクリスマスに入籍した中島。同30日に東京・日本武道館で開催されたライブでは、約1万人のファンを前に結婚報告した。ファンからの祝福に照れながら「指輪見てよ」と婚約指輪を披露するなど上機嫌だった中島だが、そのトーク中の"ある言葉"が一部でヒンシュクを買うことになった。

 ライブ中、照れ屋の中島は「最近、お騒がせしまして。『売れ残らなくてよかった』と思いつつ...ということで、この話は終わり」と手短に結婚報告を済ませ、この模様はテレビやスポーツ紙などの各メディアで広く報じられたが、この「売れ残らなくてよかった」という言葉に一部の独身女性たちが激怒。ネット上に以下のような批判が数多く書き込まれる事態となっている。

「結婚してないファンに失礼だと思わないの?」
「好きだったのに完全にアラサー独身女を敵に回したね」
「指輪まで見せびらかして『結婚してる私は独身女よりも上』って感じがイラつく」
「『売れ残り』って女は商品じゃないよ」
「色んな事情で独身の人もいるのに『売れ残り』で一括りにされると傷つく」
「浮世離れしたイメージがあったけど、男社会に従順な普通の女性だったんだね」
「中島美嘉より年上の独身女性はどうしたらいいの」

 その一方、こういった女性たちの意見に対して以下のような反論も書き込まれている。

「悪気があって言ったわけじゃないんだから目くじら立てなくても」
「他人の幸せをねたんでも仕方ないのに」
「自虐的な冗談として言ったんだから関係ない他人が怒るのはおかしい」
「こういう人たちは誰か結婚するたびに嫉妬してるんだろうか」
「嫉妬してる女性たちが何で独身なのかよく分かる」

 賛否両論ありつつ現状では批判が高まっている状況。ネット上の騒ぎだけであれば大きな影響には至らない可能性はあるが、かつて歌手の倖田來未(32)はラジオ番組で「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくるんですよね」と発言し、ネット上で批判が集まったことをきっかけに大問題に発展。この失言によって一時的に活動自粛を余儀なくされ、メインリスナーだった女性層の反感を買ったことで人気も凋落した。その後も名誉挽回は叶わず、現在に至るまで全盛期と比べるとお寒い状況が続いている。

 同じように女性ファンが多いとされる中島についても、このような凋落を招きかねない失言だったのではないかと危惧されている。

「どんな聡明な女性でも結婚直後は浮かれてしまうことがありますから、思わず配慮に欠ける発言をしてしまったのでしょう。悪気がないのは間違いないでしょうが、多くの人が自分の生活状況を振り返る年末に、このような発言をしてしまったのはタイミングもマズかった。『売れ残り』は一般でもよく使われるフレーズで『羊水発言』ほどのインパクトはないため、このまま騒動がフェイドアウトしてくれればいいのですが、もし女性ファンが離れるような事態になれば倖田の二の舞になりかねません。中島の曲は女性ウケがよく、メインターゲットはアラサー世代。この世代の独身女性は家族や世間からの結婚のプレッシャーに悩んでいますから、中島は今回の失言で一気に支持を失うこともあり得る」(芸能関係者)

 独身時代には大阪で暮らす清水選手の自宅に東京から頻繁に通い、アスリートである彼のために健康によさそうな食材を買い込むなど、かいがいしく世話を焼いていた中島。その努力が実って幸せをつかんだ彼女だが、思わぬ落とし穴が待っていたようだ。新婚早々に「口は災いの元」を体現するようなことにならなければいいが...。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)