『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』より ©2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

写真拡大

洋画=ビッグスターの派手な超大作というイメージも強いが、今は新人や個性派を起用した人間ドラマや実験的でアクロバティックな作品も増えてきている。その中で映画的醍醐味を味わえつつ、深く感銘も与えてくれる作品をセレクト。もちろん人気シリーズ続編も見逃せないところで、今、再び注目と関心を集めている洋画は、2015年も充実の品揃えだ。

写真で選ぶ「2015年見ておくべき洋画」(全23枚)

■キリストからジミヘンまで! 熱演が光る伝記ドラマ

伝記ものは、現在のハリウッドの主流ジャンル。ティム・バートンがアート界で脚光と非難を浴びた夫婦を描く『ビッグ・アイズ』や、インド映画『ミルカ』など個性的な作品も。
実在の人物を演じる憑依ぶりにも注目だ。

『ビッグ・アイズ』 1月23日(金)公開

世界中で大絶賛された、ポップアート界の寵児・ウォルター・キーンによる“ビッグ・アイズ”シリーズ。しかしその絵は、妻のマーガレットの手によるものだった! ティム・バートンの最新作は、実際の出来事を基にした物語。内気で絵だけが感情表現の手段である妻・マーガレットにエイミー・アダムス、ウォルター役にクリストフ・ワルツが扮する。

『博士と彼女のセオリー』 3月公開

スティーヴン・ホーキング博士の自叙伝を映画化。妻となるジェーンと出会った青春時代、難病ALSの発症、それでも笑いの絶えない結婚生活を、『レ・ミゼラブル』でマリウスに扮したエディ・レッドメインがチャーミングに演じている。奇しくもドラマでホーキングを演じているベネディクト・カンバーバッチと、本年度アカデミー賞男優賞を争うことに!

『JIMI:栄光への軌跡』 4月公開

27歳の若さで亡くなった伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスが無名のバックミュージシャンからスターとなるまでの1966〜1967年までの2年間を描く。ジミ・ヘンを演じるのは、人気ヒップホップユニット・アウトキャストのアンドレ・ベンジャミン。『それでも夜は明ける』でアカデミー脚本賞を受賞したジョン・リドリーが、監督・脚本を手掛けた。

『ミルカ』 1月30日(金)公開

1960年、ローマ五輪。400m走で後ろを振り返って4位となったインド代表・ミルカは、
国民からバッシングを受けることになる。3度の五輪出場の裏で、国に翻弄されたミルカ・シンの半生を描く人間ドラマ。2014年インド・アカデミー賞で14部門を独占した。ミルカ役は、監督としても活躍するファルハーン・アクタル。武井荘が日本代表選手役で出演!

『サン・オブ・ゴッド』  1月10日(土)公開

「ホット・ジーザズ」=イケメンすぎるキリストとして世界中で話題を呼んだ、ディオゴ・モルガド扮するイエス・キリストの物語。テレビシリーズ『ザ・バイブル』を基に、聖書で語られているイエスの誕生から復活までの軌跡と奇跡、また彼の知られざる一面もクローズアップしている。キリストの物語とあわせて、そのルックスにも酔いしれることに?

■シリーズ最新作が続々!あの人物のその後は!?

リメイクやリブートも数多いが、その後を描いたシリーズ新作も数々ある。『ナイト・ミュージアム…』は、2014年に還らぬ人となったロビン・ウィリアムズのみならず、ベテラン俳優、ミッキー・ルーニーの遺作にも……。

『96時間/レクイエム』  1月9日(金)公開

リーアム・ニーソン扮する元CIA捜査官の父親が、家族を守るために巨悪に立ち向かうアクションシリーズの第3弾。前作同様、オリヴィエ・メガトンが監督、リュック・ベッソンが脚本を務める。元妻を殺され、愛娘にも危機が迫る中、リーアム扮する最強で無敵の親父、ブライアン・ミルズが大奮闘。世界一タフで親バカな、その最後の活躍を見逃すな!

『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』 3月20日(金)公開

人気シリーズ3作目。夜になると展示物が動き出す不思議な博物館を舞台に、夜間警備員のラリー(ベン・スティラー)たちが巻き込まれる騒動と活躍を描く。2014年8月に逝去したロビン・ウィリアムズの最後の出演作で、ロビンはシリーズを通じてセオドア・ルーズベルト米大統領のろう人形を演じている。また新たに、ベン・キングズレーも出演する。

『ワイルド・スピード SKY MISSION』 4月17日(金)公開

タイトルにもあるとおり、今回は空も舞台に! 全世界で大ヒットとなっている『ワイルド・スピード』シリーズの第7弾。東京からスタートし、アブダビ、ロサンゼルスと世界を股にかけてカーアクションが展開される。天才ドライバー・ブライアンを演じるポール・ウォーカーが撮影期間中に亡くなり、シリーズ製作休止が決定。今後も気になるところだ。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 夏公開

荒廃した砂漠となった、無秩序な終末世界が舞台の『マッドマックス』シリーズ。その27年ぶりとなる続編が、キャストも新たに登場する。メル・ギブソンに替わって主人公マックスを演じるのは、『ダークナント ライジング』で悪役ベインに扮したトム・ハーディ。また、女戦士役でシャーリーズ・セロンが出演している。監督と脚本はジョージ・ミラー。

『ジュラシック・ワールド』 8月7日(金)公開

 いよいよ、“ジュラシック・パーク”が“…ワールド”という名で本格オープン! 1993年公開『ジュラシック・パーク』のシリーズ第4作は、これまでの恐竜に加えて、遺伝子操作によって生まれた新種が大暴れ。さまざまなアトラクションのあるパークの様子とあわせて、注目だ。スティーヴン・スピルバーグは前作と同じく製作総指揮で参加している。

■キャラクター作品・ヒーローにテディベアまで……

人気ジャンルのアメコミヒーローものの一方、あのお下劣なデデイベアや、ジェームズ・ボンド、ターミネーターが再登場! シュワちゃんの復帰と、3タイプのターミネーターの演じ分け(!)は大いに気になるところだ。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』7月4日(金)公開

アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、マイティ・ソー(クリス・ヘムズワース)らマーベルコミックのヒーローたちが集結した大ヒット作の第2弾。今回はジェームズ・スぺイダー扮する敵役・ウルトロンとの戦いが描かれる。前作は世界各国で驚異的な興行記録を樹立しているが、果たして本作はいかに!?

『アントマン』 2015年公開

アント=蟻のサイズにまで小さくなるなど、身体の大きさを自在に変える能力を身に付けたアントマンが主人公。アントマンもまたアメコミヒーローで、『アベンジャーズ』や『ファンタスティック・フォー』の原作コミックに登場している。アントマンとなる公スコット・ラング役は、『40歳の童貞男』のポール・ラッド。ペイトン・リードが監督を務める。

『テッド2』 2015年公開

過激で下品な言葉を吐きまくるデデイベア・テッドが還ってくる! コンビとなるだらしのない中年男ジョンを演じるのは、もちろんマーク・ウォールバーグ。また前作同様、セス・マクファーレンが、製作、監督、脚本、テッドの声を務めている。ヒロインアマンダ・セイフライドが務めるほか、モーガン・フリーマン、リーアム・ニーソンら名優も登場!!

『007/スペクター』 2015年公開

『007』シリーズ第24作。監督は前作『…スカイフォール』のサム・メンデスで、ボンドにはシリーズ3作目となるダニエル・クレイグが扮する。タイトルの“スペクター”とは、原作や映画でも触れられている国際犯罪組織の名称。詳細はまだ明らかとなっていないが、『ジャンゴ 繋がれざる者』『ビッグ・アイズ』のクリストフ・ヴァルツが敵役を演じる。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 7月公開

設定も新たにリブートされた、新3部作の第1作。アーノルド・シュワルツェネッガーがターミネーター・T-800役に復帰して、青年・中年・初老という3タイプを演じるほか、エミリア・クラークがサラ・コナー、ジェイソン・クラークが息子のジョン・コナー、ジェイ・コートナーがカイル・リースに扮している。T-1000役 でイ・ビョンホンも出演。

■ありのままで! ディズニー作品のラインナップ

『アナと雪の女王』が世界中で大ヒットとなって、『ベイマックス』でも話題沸騰のディズニーは2015年も破竹の勢い。あの『スター・ウォーズ』もディズニー配給で公開となって、少しも寒くないどころか、ますます流れは熱い!?

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 12月18日(金)公開

© 2014Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

J・J・エイブラムスが監督を務める『スター・ウォーズ』シリーズ第7作。10年ぶりの新作となる本作は、ルーカスフィルムがディズニー傘下に入ったことで、初のデイズニー配給による“SW”に。舞台は『…ジェダイの帰還』の約30年後で、マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーらオリジナル3部作のキャストも登場する。

『イントゥ・ザ・ウッズ』 3月14日(土)公開

トニー賞受賞のブロードウェイミュージカルを、ロブ・マーシャルが映画化。有名なおとぎ話の主人公たちのその後を描き出した作品で、魔女にメリル・ストリープ、『赤すぎん』のオオカミにジョニー・デップが扮するなど、俳優陣もおとぎ話さながらスター級。舞台版からのミュージカルナンバーに加えて、映画のために書き下ろされた新曲2曲が注目。

『シンデレラ』 4月25日(土)公開

『シンデレラ』を、プラダを着た悪魔』のアライン・ブロッシュ・マッケンナ脚本、『マイティ・ソー』のケネス・ブラナー監督で実写映画化。シンデレラ役にはオーディションで選ばれた『タイタンの逆襲』のリリー・ジェームズが務め、継母をケイト・ブランシェット、フェアリーをヘレナ・ボナム・カーター、王子をリチャード・マッデンが演じている。

『インサイド・ヘッド』 7月18日(土)公開

ディズニー/ピクサーの2年ぶりの新作は、『カールじいさんの空飛ぶ家』のピート・ドクター監督作。人間の成長を独創的に描くファンタジーで、主人公はなんと“感情”たち。11歳の少女ライリーの頭の中に存在する、ジョイ(喜び)、アンガー(怒り)、ディスガスト(嫌悪)、フィアー(恐れ)、サッドネス(悲しみ)がぶつかり合い、事件を巻き起こす。

『トゥモローランド』 6月6日(土)公開

2014年、結婚も話題となったジョージ・クルーニーが主演を務めるSF超大作。未来を夢見る17歳の女の子と、“トゥモローランド”の存在を知る男がイマジネーションあふれる未知の世界の謎に迫るもの。本作はウォルト・ディズニー社に保管されていた、ウォルトが思い描いた未来像をベースに創作された作品。どんな未来像が描き出されるのか期待だ。

■栄冠はどの作品に?賞レースの目玉となりそうな話題作たち

伝記の『ビッグ・アイズ』や『セオリー…』含め、アカデミー賞など賞レースに絡んできそうな作品も日本で一気に公開される。『フォックス…』は第67回カンヌ国際映画祭で監督賞も受賞。さて、あなたが賞に推したい作品は?

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 3月公開

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 4月公開

さまざまなアワードの部門で最多ノミネートされている本作は、『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督によるブラックコメディ。ヒーロー映画『バードマン』主演の元スター俳優が、ブロードウェイで再起を掛けながらも現実と幻想の狭間で追い込まれていく姿を描いている。主演を務めるのは、『バットマン』(!)のマイケル・キートン。

『アメリカン・スナイパー』 2月21日(土)公開

アカデミー監督賞に2度輝くクリント・イーストウッドが、イラク戦争で“レジェンド”の異名を取った伝説の狙撃手クリス・カイルの自伝を映画化。最強の兵士であり、良き家庭人でもあった苦悩の人を、プロデュースも務めたブラッドリー・クーパーが約18キロ体重を増やして熱演。現代のアメリカに問題を投げかける、社会派の一作ともなっている。

『フォックスキャッチャー』 2月14日(土)公開

 1996年、実際に起きたデュポン財閥御曹司によるレスリング五輪金メダリスト殺害事件を、『カポーティ』のベネット・ミラー監督が描き出す。心に闇を変える御曹司の犯人、ジョン・デュポンをスティーヴ・カレルが狂気たっぷり怪演。彼に触り回され、事件に巻き込まれるデイブとマーク兄弟を、マーク・ラファロ、チャニング・テイタムが演じている。

『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』 1月9日(金)公開

すべての作品がアカデミー賞にノミネートされている、スティーヴン・ダルドリー監督作。ゴミ拾いで生活する少年たちが、ある財布を拾ったことから起きる奇跡が描かれている。メイン俳優は、ロケ地・ブラジルのオーディションで選ばれた無名の少年たち。生き生きとした彼らの姿が心を打つ人間ドラマで、第9回ローマ国際映画祭最高賞も受賞している。

■ぴあ Movie Special 2015 Winter 発売中

お正月は映画三昧!
表紙&巻頭は『スター・ウォーズ』!
年末〜2015年の映画、一挙見せます!

<巻頭SPECIAL FEATURE>
STAR WARS Strikes Back!
『スター・ウォーズ』
最新作公開1年前の大予想特集