アギーレ体制で全試合出場の酒井高徳「結果を残さないといけない」

写真拡大

 日本代表は31日、来年1月9日からオーストラリアで開催されるアジアカップに向けた国内合宿3日目の練習を実施。約90分間のトレーニングを行った。

 DF酒井高徳は、前回のカタール大会でもメンバー入りしていたが、初戦直前に腰痛のためにチームを離脱。その後の4年間で、代表デビューやブラジル・ワールドカップのメンバー入りを果たして今や常連となっているが、「代表に入れること、試合に出場できることはすごく嬉しく思っている」と語る。

 ハビエル・アギーレ体制下で初の公式戦を控え、「アジアカップではチャンスがあると思っている。今までのような気持ちではなく、自分が結果を残さないといけないという気持ちは強く持ち始めている」と意気込む。現体制では全6試合に出場中だが、「目の前の試合や練習でしっかりと監督にアピールするということは、変わらずやっていきたい」と力を込めた。

 アジアカップでグループDに所属する日本代表は、1月12日にパレスチナ代表、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表とそれぞれ対戦する。