写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開するフィギュアシリーズ「フィギュアーツZERO」より、『フィギュアーツZERO サボ(新世界編)』が、2015年1月31日に発売される。価格は4,104円(税込)。

「フィギュアーツZERO」は、集めやすい価格とサイズの新スタンダードフィギュアシリーズ。無可動フィギュアならではの造形・彩色にこだわり、『美少女戦士セーラームーン』『ドラゴンボールZ』『ONE PIECE』『キングダム』『黒子のバスケ』といった大ヒット作品の人気キャラクターを数多く立体化。幅広いラインナップで展開されている。

サボは、尾田栄一郎原作の人気アニメ『ONE PIECE』に登場する革命軍参謀総長で、ポートガス・D・エースとモンキー・D・ルフィの義兄弟。アニメ版では、声優を『機動戦士ガンダム』アムロ・レイ役、『聖闘士星矢』のペガサス星矢役、『美少女戦士セーラームーン』のタキシード仮面/地場衛役など数々の名役を演じてきた古谷徹が担当することでも、大きな話題となった。

『フィギュアーツZERO サボ(新世界編)』は、青年となり初めて登場したシーンをイメージした凛々しい立ちポーズで立体化。交換用頭部が付属し、帽子あり、なしの2種の表情を再現することができる。セット内容は本体に加え、交換用頭部と専用台座。

なお、現在バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」では、2015年7月発送予定の『フィギュアーツZERO コアラ』(4,104円/税込)も予約受付中。こちらには、

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション