超円安時代に日本が進むべき道は米国と同じ「ネオリベ型福祉国家」

ざっくり言うと

  • 作家の橘玲氏が、超円安時代の日本の進むべき道を考察している
  • 北欧をモデルに、自由競争を取り入れた福祉の枠組みを作るべきと主張
  • セーフティネットを取り入れる米国と同様、ネオリベ型福祉国家になると予測

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング