【アニメ】「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」第13話「」(ネタばれ注意)

写真拡大

●武器工廠、炎上



(画像:「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」公式Webサイトより)
©SUNRISE/PROJECT ANGE
<キャスト>
アンジュ / アンジュリーゼ・斑鳩・ミスルギ:水樹奈々
サリア:喜多村英梨
ヒルダ / ヒルデガルト・シュリーフォークト:田村ゆかり
ロザリー:石原夏織
クリス:小倉唯
ヴィヴィアン:桑島法子
エルシャ:小清水亜美
メイ:渕上舞
ジル / アレクトラ・マリア・フォン・レーベンヘルツ:本田貴子
エマ・ブロンソン,リィザ・ランドッグ:ゆかな
マギー:豊口めぐみ
ジャスミン:玉川砂記子
ジュライ・飛鳥・ミスルギ:山寺宏一
ソフィア・斑鳩・ミスルギ:林原めぐみ
ジュリオ・飛鳥・ミスルギ:鳥海浩輔
シルヴィア・斑鳩・ミスルギ:東山奈央
モモカ・荻野目:上坂すみれ
ミスティ・ローゼンブルム:伊瀬茉莉也
タスク:宮野真守
サラ:堀江由衣
ゾーラ:根谷美智子
ココ:辻あゆみ
ミランダ:茅原実里
ヒルダの母:柳沢真由美
ヒルダの妹:前田玲奈
エンブリヲ:関俊彦

●ストーリー
高度に進化した情報技術「マナ」を手にした人類は、その魔法のごとき力で、戦争、飢餓、汚染など地球上のあらゆる問題を克服。ついに平和で何不自由ない理想郷を手に入れた。
「ミスルギ皇国」の第一皇女・アンジュリーゼ。彼女もまた、何不自由なく、民から祝福を受け、冠を戴くはずだった。しかし、彼女は己が「ノーマ」であるという事実を突きつけられる。
「ノーマ」――それはマナが使えないイレギュラー、反社会的な人ならざる「モノ」。
全てを奪われた彼女は、僻地の基地アルゼナルに隔離される。
●オープニング
各国の首脳会議。ドラゴンの襲来によりアルゼナルは壊滅状態となってしまい、更にサラが登場したヴィルキスの出現に怯える一同。

エンブリヲ「どうしようもない。本当にどうしようもない…。」

エンブリヲ「選択肢は2つ。ドラゴンに全面降伏。もう一つはドラゴンを全滅させる。」
エンブリヲ「それが出来ないなら、3つ目。世界を作り直す。」

世界の再構築。それが何を意味するのか…。
●暫定隊長
アルゼナルでは壊滅的被害を受けた基地の復旧作業と怪我人の治療を進めています。当然ながら、パラメイル各部隊も壊滅的なダメージを受け、まともに活動出来るのは10名前後。

そこでパラメイル全部隊を統合し暫定隊長が唯一の指揮経験者であるヒルダとなります。もちろん、ロザリーとクリスは不満を露わにしますが、

ロザリー「はぁ、こいつ脱走犯ですよ!脱走犯が隊長って!」
クリス「サリアで良いじゃないですか!」
ジル「あいつなら命令違反で反省房の中だ。」
ヒルダ「文句あるならあんたやれば?」


※結局、ヒルダが暫定隊長にならざるを得ないです。そう言えばヴィヴィアンの姿が見えませんね。

ヴィヴィアン「わっ、寝過ごしング!」
●ジルの過去
アンジュ「私の謹慎、終わったのよね。それじゃ、全部教えて!」
ジル「このクソ忙しいときにか?」
アンジュ「みんなが助かったのは誰のおかげ?」


止む無くジルはアンジュとお風呂で秘密の話をする事に!

※ジルのおっぱ○…、すごく…、大きいです…。

ジル「昔々、あるところに神様がいました。戦いを止めない人々に神様はうんざりしていました…。」
アンジュ「ちょっと!何話してるの?」


それから神様は、人類が遺伝子を組み替えてマナが使える新人類を生み出し、マナによる理想郷を作りだしました。ところが何度システムを作りなおしても、生まれつきマナが使えない女性の赤ん坊が突然変異で発生するのです。

※それがノーマです。

そこで神様は逆に突然変異を利用して、ノーマを差別対象とした上で僻地アルゼナルへ隔離する事にしたのです。

ところがその後、マナの使えない古の民(タスクなど)が神様に戦いを挑み、そのためにヴィルキスの原型を作りだしたのです。ところがヴィルキスを乗りこなせるものがいない。

そのとき皇族の中で初めてのノーマ、アレクトラ・マリア・フォン・レーベンヘルツが生まれ、10歳でアルゼナルへ送られます(それが後のジルです)。アレクトラの元に騎士、医師などが集結していき反撃の機会(リベルタス)を窺っていたのですが…。

ジルでは能力が足りずヴィルキスが使いこなせなかったため、仲間も右腕も全て失ってしまいます。

アンジュ「ジル、貴方には感謝している。でも、答えはノーよ。誰かのために動くのは好きじゃない。私はドラゴンを殺してお金を稼ぐの!」

※そう言えば、今の話にドラゴンが出てきませんが…。
●おらぁヴィヴィアンだど!
目覚めたヴィヴィアン、しかし様子がおかしいです。それもそのはず、彼女の姿は小型のドラゴンになっていたのです。

当然ながらドラゴン(ヴィヴィアン)狩りに出向く戦闘員。謹慎中のサリアも釈放され、食堂を徘徊するドラゴンに対して銃弾を浴びせるサリアとエルシャ。

アンジュもドラゴンを仕留めようとすると、ドラゴンがアンジュの母から習ったものと同じような歌を歌っているのに同調し、アンジュも歌うと、

ヴィヴィアン、ドラゴンから元の姿に戻る!

ヴィヴィアン「ここでクイズです。人間なのにドラゴンなのって何〜だ?」

ちなみにそのときのヴィヴィアンは全裸!という事はおっぱ○やお(※…。

※ディレクターズカットが入りました!

そのときマギーがヴィヴィアンに麻酔を!そのまま無言で立ち去るマギーに対して不審感を持ち、何かを閃いたアンジュはジャスミンがドラゴンを火葬しようとしている現場に!

ジャスミン「来るんじゃないよ!」

燃えているドラゴンの死体を見たアンジュは嘔吐します。それはドラゴンでは無く人間の死体だったのです。

ジル「良くある話だろ。化物の正体は人間だった、なんて。」
アンジュ「私、人間を殺していた…。」

その直後、ノーマ管理委員会がノーマの救助と称して艦隊でやってきますが、その実態は…?

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ Twitter(shimizuSasha)】

【関連記事リンク】
【アニメ】「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」第12話「右腕の過去」(ネタばれ注意)
【アニメ】「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」第11話「竜の歌」(ネタばれ注意)
【アニメ】「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」第10話「絞首台からサヨナラを」(ネタばれ注意)
【アニメ】「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」第9話「裏切りの故郷」(ネタばれ注意)
【アニメ】「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」第8話「ビキニ・エスケイプ」(ネタばれ注意)

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」TVアニメ公式Webサイト