アメリカのスーパーで2歳児が銃を誤射 銃の持ち主だった母親が死亡

ざっくり言うと

  • 米国のスーパーで30日、2歳男児が銃を誤射し、母親が死亡した
  • ショッピングカートに乗った男児は母親のバッグから銃をとり、1発発砲した
  • 母親は、銃を携行する許可証を持っていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング