寄生獣が中国で最優秀アニメ賞、24時間で150万再生超える大記録も。

写真拡大

今年10月8日から日本テレビほかにて放送がスタートしたアニメ「寄生獣 セイの格率」(以下「寄生獣」)。ある日、謎の寄生生物パラサイトに寄生された高校生とパラサイトとの戦いを描いた岩明均氏による人気マンガをアニメ化したものだが、このたび、同作品が中国で「最優秀アニメ賞」を受賞する快挙を成し遂げた。第1話はたった24時間で150万再生を記録したという。

「寄生獣」は中国大手動画サイト「土豆網」が独占配信権を取得しており、日本のテレビ放送に合わせ、中国でも正規のネット配信がスタート。現時点では日本で放送済みの第12話まで無料で視聴できるようになっている(※海外からは視聴不可)。

そんな「寄生獣」が、今年のエンターテインメント作品から特に若者の支持を集めた人物や作品を表彰する「2014青春的選択年度盛典」のアニメ部門で「最優秀アニメ賞」を受賞した。

同賞にノミネートされたのは「寄生獣」「秦時明月」「HUNTER×HUNTER」「東京喰種」「NARUTO」の全5作品で、「秦時明月」以外はすべて日本のアニメという驚きのラインアップだったが、中でも「寄生獣」は第1話が24時間で150万再生突破という大記録を打ち立てたことが評価されたようだ(※12月30日現在、「寄生獣」第12話までの合計再生数は8,100万超、合計コメント数は57,000超となっている)。

なお、12月10日に北京工人体育館で催された授賞式には、多忙で出席できなかった清水健一監督の代わりに桐本篤プロデューサーが出席。壇上で監督からのメッセージを読み上げ、会場から大きな拍手が贈られていた。