30日、中国の軍艦2隻が12月中旬、沖縄県の尖閣諸島沖で「接続水域」まで約27キロ、沿岸から約70キロまで接近。これまで把握しているなかでの最接近となった。写真は中国の軍艦。Record China

中国の軍艦が尖閣諸島の北方約70キロまで近づく異例の接近をしていたと判明

ざっくり言うと

  • 中国海軍の駆逐艦などが、尖閣諸島沖に繰り返し接近していたと判明した
  • 一時、同諸島の北方約70kmまで近づいたこともあったという
  • 領海などには侵入していないが、中国の軍艦による接近は異例とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング