中国のスマートフォンメーカーXiaomi(小米、シャオミー)。11億USドルの新規資金調達を終え、企業価値はUberを超える450億USドルへと押し上げられた。Xiaomiのずば抜けた成長の先には、何があるのか。

「Uber超える企業価値、Xiaomiの目算と不安」の写真・リンク付きの記事はこちら

中国のスマートフォンメーカーXiaomi(小米、シャオミー)は、いまや世界で最も価値の高い新興企業である。

現地時間29日、同社は11億USドルの新規資金調達を終えたと発表し、企業価値は450億USドルへと押し上げられた。これで、前回資金調達で400億米ドルの企業価値を得たサンフランシスコの配車新興企業Uberよりも、価値が高いということになった。(「Uberの時価総額、170億ドルに:Twitter、Yahooを超える新記録」)

Xiaomiの共同創設者兼社長ビン・リンがFacebook上で明らかにしたこのニュースは、この設立4年の企業による急速な成長を物語っている。Android OSの低価格スマートフォンで中国スマートフォン市場を短期間で席巻したのち──これは元Google社員のヒューゴ・バラが主導した事業だった──、Xiaomiは世界第3位のスマートフォンメーカーとなった。調査機関ガートナーの最新報告によれば、Xiaomiは2014年第三四半期に1,600万台を売り上げている(前年同期は360万台だった)。

ガートナーによれば、これは同期間中におけるスマートフォン販売企業中で最速の成長率だ。世界最大のスマートフォンメーカーであるサムスンは、29%減少していた。

今月初めにXiaomiが提出した文書によると、同社の2013年の収益は5,600万USドル(4億3,750万元)だ。これは、11月に『ウォールストリート・ジャーナル』が「機密文書」を引用して報じた収入額のたった10分の1で、アップルが同年中国で稼いだ254億USドルに遠く及ばない。Xiaomiは明らかに、薄い利益率で操業している。しかし、この戦略に乗って、ずば抜けた成長を遂げてきた。

Xiaomi:アップルとサムスンを脅かす企業(2013年9月記事)

同社はさらなる事業を視野に入れ、低価格スマートフォンでインドやブラジルへ参入しようとしている。しかし、インドなどにおいては、Xiaomiが顧客に提供するサーヴィスに対して中国政府が介入するのを心配する声もあり、彼の国の発祥であることに対する懸念に直面している。

TAG

BusinessSmartphoneWorld NewsXiaomi