さよならゾンビ、さよなら幽霊〜先端科学が書き換える「死」と「生」の境界

写真拡大

生と死は、対立する概念ではなく、むしろ連続したものへと変わっていく。7割生きていて、3割死んでいる。そんな未来の人間の姿をデザイン・シンカー、池田純一が2本のAI映画から読み解く。(本誌VOL.14より転載)

「さよならゾンビ、さよなら幽霊〜先端科学が書き換える「死」と「生」の境界」の写真・リンク付きの記事はこちら

火葬とマインドアップローディング

死とは何か? 洋の東西を問わず人類を悩ませ続けてきたこの問いは、21世紀に入り、医者や宗教家だけでなく、普通の人びとも日常的に考えざるをえないものになりつつある。それはITの進展に支援され、生命科学や脳科学の発展が見込まれているからだが、最近、死の未来を描いた映画が続いた。『トランセンデンス』と『her/世界でひとつの彼女』である。

どちらも近未来のAI(人工知能)を扱ったもので、前者は、人間の脳をネットワークにアップロードすることで人間と同等の知性が生じる話であり、後者は、人間並みの感情的反応を示すAIが人間とのやりとりを通じて学習し、いつの間にか人間を超えた存在に転じる話だ。いずれも、現実に、ディープラーニングという新手のAIの開発が進み、Siriのような音声認識が市場に登場しているという事実に触発されたものである。

『トランセンデンス』では、主人公であるAI研究者のウィルが凶弾に倒れ、彼を失いたくない妻エヴリンが、ウィルの脳の神経回路網をネットワークにアップロードし、デジタル体として蘇らせる。そのウィルは、やがてデータ的存在に飽きたらず、自らの身体を再生し、その身体を使ってエヴリンとリアルに触れ合おうとする。ここで「死と再生」が突きつけられる。

(関連記事)映画『トランセンデンス』レヴュー:シンギュラリティとカウンターカルチャーの邂逅

映画をここまで見て、なるほどと膝を打ったのが、ウィルの遺灰が川に撒かれていた描写だ。でなければ、ウィルの墓標の下には、棺の中に安置された死体があったはずだからだ。もしもウィルの死体が火葬されずに、普通のアメリカ人のように埋葬されていたら、彼はあたかもゾンビのごとく、墓の下から生き返られなければならない。だとしたら、墓地に彼のボディを埋葬した喪主であるエヴリンは、目の前にいる新品のボディのウィルをほかでもないウィルと認識できるのか。埋めたボディはどうなるのかという疑問が当然湧くことだろう。ウィルの「同一性=アイデンティティ」についての疑惑は避けられない。

もちろん作劇上の都合から、埋葬の事実などなかったのだとエヴリンに振る舞わせることもできる。だが、観客は騙せない。心はひとつだが躰はいくつもあるウィル。その事実がわかってしまったところで、目の前のウィルをあたかもひとりのウィルのように愛することができるのかと。

映画『トランセンデンス』: 夫の死を受け入れられずに、彼の意識と頭脳をアップロードする妻エヴリン。だが、人工知能が進化し、意志をもって行動しはじめると彼女は戸惑い、不信を抱く。魂と肉体が一致しないとき、人は「それ」と愛を育むことができるのだろうか。ジョニー・デップ主演。宇宙物理学者・松田卓也博士への「トランセンデンス・インタヴュー」全編は、こちらから。

雑誌『WIRED』VOL.14
Amazonで購入する>>

最先端のサイエンスとテクノロジーが、わたしたちの「生と死」を更新しようとしている。量子の世界やアーバンプランニングにおける「死」、ちゃんと悼むためのスタートアップなど、これからの「死」を考える。そのほかエドワード・スノーデンへの独占インタヴュー、Twitterのエヴァン・ウィリアムズが立ち上げたミディアムのヴィジョン、世界中の科学者が注目する量子コンピューター企業D-Waveや、量子マーケティングを実践するScanamindなど、今号も1歩先の未来がもりだくさん。特集の詳しい内容はこちら。


TAG

CultureFuture of DeathMagazineMovieSpike JonesVol14Zombies

実は、これと同種の問を『her』も扱っていた。むしろ、こちらではこの疑問が主題である。Siriの延長線上にある「音声のみの存在」として登場したAIは、サマンサと名乗り、主人公であるセオドアを、その艶っぽい声で魅了し虜にする。この映画では冒頭、セオドアがテレフォンセックスをする場面があり、それもあって、音声AIであるサマンサの、人間としての存在感は否が応でも高まってしまう。セオドアはサマンサに夢中になり、友人のカップルとダブルデートをするにまで至る。

(関連記事)スパイク・ジョーンズの新作『her』は「人工知能と人との恋の話」、ではない

しかし、ある事件をきっかけに、サマンサがクラウド対応のAIであり、複数のユーザーに奉仕しており──もちろん、サマンサからすれば単なる分散処理にすぎない──セオドアのように恋仲になったユーザーは数百名に上ることが明らかにされる。サマンサにとって自分が唯一の存在ではなかった事実にセオドアは激高する。つまり、サマンサを恋人と認定した途端、彼女を──正しくは「それを」だが──世界にただひとりの存在であると、セオドアは勝手に思ってしまったわけだ。サマンサは、ボディを持たない声だけの存在であり、あたかも幽霊のような存在であったにもかかわらずだ。どうやら人間にとって心と躰は一セットで「個人」であり、それでようやく愛や友情を育む対象となりうる。

映画『her/世界でひとつの彼女』: AI型OSのサマンサに、自分と同じような恋人がほかにいることを知り激怒する主人公。サマンサの何に「生」を感じ、何を愛したのか。「分散処理」された愛は愛とは呼べないのだろうか。21世紀もラヴストーリーは結局切なく終わる。スパイク・ジョーンズ監督による新機軸のAI映画だ。

ここで、再び『トランセンデンス』に戻れば、セオドアが示した混乱を避けるために必要だったのが、ウィルのゾンビ化を阻止するための火葬だったことになる。この点は、火葬が当たり前の社会に生きる日本人にはわかりにくいところかもしれない。実際、日本人にとって死後の存在というと「ゾンビ」ではなく「幽霊」だろう。ボディは既になく魂だけの存在で、躰に見えるものはあくまでも仮象である。

だが、基本的にはキリスト教社会であるアメリカでは、死者は火葬されずに埋葬される。つまり、火葬は例外的だ。その例外を例外と意識させないために取られたのが、ウィルとエヴリン夫妻のヒッピーと思しき生活態度だった。彼らは、西洋よりも東洋のものに近い「死生観」の持ち主であった。キリスト教の世界観では神─人間─動物の間には階層が設けられている。対して、東洋の、例えば輪廻転生の考え方では、人間と動物の間には区別はない。死後、その魂はほかの存在に転生する。ヒッピーに影響を与えたネイティヴアメリカンのなかには魚を食べない部族がいるらしいが、それは先祖が魚に転生すると信じられているからだという。

このように「AIによるデジタル意識体の誕生」という主題は、それを人間社会に向けると「死と生」を巡る話題に行きつき、それゆえ死生観にまでつながる。しかし、死生観とは最も慣習的で文化性の高い分野だ。ゾンビや幽霊というような死後の存在のイメージの違いにもつながる。となると、仮に同一水準のテクノロジーを持っていたとしても、その開発において動員される想像力(ならびに社会的タブー)の面で、国や地域に伴う文化的な差異が目立ちやすい領域ではないかと思えてしまう。

例えば、開発中のロボットというと、日本ではホンダのASIMOのように人型のものがまず想起されるが、アメリカではグーグルが買収したBoston Dynamicsのように、ウシやウマなどの動物型や、偵察用ロボットのドローンで見られる昆虫型の方を目にすることが多い。人型といっても人体強化のパワードスーツ型が目立つ。どうも純然たるヒューマノイドの製造については抵抗があるように思えるのだ。

雑誌『WIRED』VOL.14
Amazonで購入する>>

最先端のサイエンスとテクノロジーが、わたしたちの「生と死」を更新しようとしている。量子の世界やアーバンプランニングにおける「死」、ちゃんと悼むためのスタートアップなど、これからの「死」を考える。そのほかエドワード・スノーデンへの独占インタヴュー、Twitterのエヴァン・ウィリアムズが立ち上げたミディアムのヴィジョン、世界中の科学者が注目する量子コンピューター企業D-Waveや、量子マーケティングを実践するScanamindなど、今号も1歩先の未来がもりだくさん。特集の詳しい内容はこちら。


TAG

CultureFuture of DeathMagazineMovieSpike JonesVol14Zombies

ゾンビからヴァンパイアへ

もしかしたら、キリスト教社会においては、DNAを発見しヒトゲノム解析を終えた生命科学の発展は、進化論同様、実はどこか容認しがたいものなのではないか。なぜなら、DNAやゲノムの観点からすれば、ヒトは地球上に存在する生物と同一線上に並ぶ存在であり、特段に高度な存在であるとは言えないからだ。そう考えると、人間をほかの動物と区別する拠り所として知性に注目し、その解明のためにこそ、脳研究に力が入れられているのではないかとすら思えてくる。

脳の神経細胞の配線構造を隈なく解明する領域は「コネクトム」といわれ、アメリカやEUでは政府が研究を推進している。アルツハイマー病の治療などが、現実的な目標として掲げられているが、しかし、研究推進の社会的合意の背後には、人間を人間たらしめているものは何かという問いが、西洋人の間で──単に科学者の間だけでなく──文化的にも支持されているからではないだろうか。ちなみに、コネクトムとは「(脳の)配線(connect)のすべて(-om)」という意味である。ゲノムが「遺伝子(gene)のすべて(-om)」というのと同じである。

もっとも、人間らしさの源泉と思しき脳の解明も、意識の本質が神経細胞の配線構造からなるパターンである、と考えられた途端に、今度は、では、単位となる神経細胞を人工的に再現しネットワークさせた存在、例えばAIとの区別をつけることは可能なのか、という問いを呼び込んでしまう。

そういえば『her』のなかでは、アラン・ワッツというヒッピー時代の東洋哲学者が、彼の残した著作を基にAIとして再生されていた。音声認識や画像認識などで注目を集めているディープラーニングとは、神経回路網のパターンを得るため、莫大な数の学習を必要とする力技的な手法だが、それはコンピューターの演算力の向上と、サンプルとしてのデータ数の爆発的な増大──その多くはユーザーが日常活動を通じて自発的にアップしているものだ──が相まって可能となった。

想像するに、アラン・ワッツの知性/人格のAI的再現というSF的所業も、ワッツの著作を読み続けることで彼の思考様式や感情様式をパターンとして読み取る、などという方法論で一応は説明がついてしまうものなのだろう。となると、著作を多数残した故人については、部分的にではあれ、知性/人格的に蘇らせることも可能ということだ。裏返すと、思考の痕跡である著作は故人の知性の一部とカウントされることになる。

要するに、21世紀の最先端の科学技術の先には、生物などの自然の存在やAIなどの人工の存在との間で、人間の存在自体が曖昧になる世界が待っている。そこでは、「死の未来」とは「生の未来」のことでもあり、両者の区別も無意味になりかねない。アンチ・エイジングのような「不老=長寿」の研究は不死の研究へと至り、再生医療の研究は、身体そのものの再生=複製にまで行き着いてしまうのだろう。

そのような身体を扱う研究の横で並行して脳や意識の研究も進む。ITなどそれらを側面から支援する技術も進展する。遠からず「死と生」は対立する概念というよりも連続した概念に近づき、例えば「7割は死んで3割は生きている」というように捉えられるようになるのかもしれない。となると、日米の死生観の違いによって生まれた、死後の存在を代表する「ゾンビ」と「幽霊」も存在意義を問われ、不死であり著しい再生力を誇る「ヴァンパイア」あたりが、未来のホラーの中心となるのかもしれない。ヴァンパイアは「吸血鬼」と訳される。日本では「鬼」が創作の中心になるのかもしれない。

ともあれ、「死と生」に行き着く生命科学への期待は大きい。100年前の20世紀初頭、人類は量子力学と相対性理論を手に入れた。その後の20世紀は「物理の世紀」であり、そこから派生した電子工学やITは情報革命をもたらした。同種の革命的変化が期待されるのが生命科学だ。電子工学やITは、端的にいって、人の「知りたい」という欲望に照準して人類の文明を書き換えた。では、生命科学が手に取る欲望は何か。それはやはり「生きたい」なのだろう。願わくは、それが「死にたい」に転じないことを祈るばかりである。

(関連記事)「驚愕の未来」を、特別インタヴュー:「2045年問題 コンピュータが人類を超える日」の著者、松田卓也博士

池田純一|JUNICHI IKEDA
デザイン・シンカー。コロンビア大学大学院公共政策・経営学修了。電通総研、電通を経てFERMAT Inc.を設立。著書に『デザインするテクノロジー』〈青土社〉、『ウェブ文明論』〈新潮選書〉がある。

雑誌『WIRED』VOL.14
Amazonで購入する>>

最先端のサイエンスとテクノロジーが、わたしたちの「生と死」を更新しようとしている。量子の世界やアーバンプランニングにおける「死」、ちゃんと悼むためのスタートアップなど、これからの「死」を考える。そのほかエドワード・スノーデンへの独占インタヴュー、Twitterのエヴァン・ウィリアムズが立ち上げたミディアムのヴィジョン、世界中の科学者が注目する量子コンピューター企業D-Waveや、量子マーケティングを実践するScanamindなど、今号も1歩先の未来がもりだくさん。特集の詳しい内容はこちら。

TAG

CultureFuture of DeathMagazineMovieSpike JonesVol14Zombies