日本郵船がカルテルに参加した事実を認める 71億円の罰金で合意

ざっくり言うと

  • 日本郵船は30日、運賃価格を不正に操作するカルテルに参加した事実を認めた
  • 5940万ドル(約71億円)の罰金を支払うことで、米司法省と合意したという
  • 「厳粛かつ深刻に受け止め、深くおわび申し上げる」とコメントしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング