写真提供:マイナビニュース

写真拡大

異国エジプトで、ダブルワークならぬトリプルワークをこなす「おろぐちともこ」が、仕事や現地生活をマンガとコラムでご紹介。ピラミッドだけじゃない「エジプト」をお楽しみください。(毎週火曜更新予定)

【まさかの「岩」】

エジプト人の友達とピラミッドの内部見学に行った日のことです。内部はカメラの持ち込みが禁止されているため、チケットチェック係のおじさんに預けなくてはなりません。そこまではいいのですが、問題はカメラを預けておく場所。 おじさんが指示した置き場所は「岩」。

「岩!?」と2度見してしまったのも無理はありません。だって、本当に「岩」の上なのですから。

見渡しても鍵付きのロッカーなどはなく、岩のちょっと平らになったところにカメラを置いておけと言うではありませんか。

係のおじさんは「SDカードとバッテリーは持って行って! 番号付きのチケットの半券をカメラと一緒に置いておくから安心だよ!」と笑顔で主張するしています。ですが、不安なのは写真の中身を見られることではなく、ふきっさらしの岩の上に置かれることなのです。カメラ本体はとても繊細なので、万が一落とされたらひとたまりもありません…(涙)。

だからといって、友人と交代でカメラを預かりあってピラミッドの内部へ観光するのも時間の無駄というもの。

チケットをもぎるだけでなく、カメラも預かってくれるのは有り難いことです。けれど、せめて専用の場所やロッカーを用意してもらえたらうれしいな…。カメラと岩を見比べながら、しみじみと思ったのでした。

※ちなみに、前に行ったエジプト考古学博物館ではカメラを預けるときは専用のスペースで管理してくれました。

おろぐちともこ大学で古代エジプト史を専攻し、2011年よりカイロ在住。日々、エジプト人観察に励む。現在はWebやエジプト人による日本語雑誌の漫画を執筆したり、デジタルアシスタントをしたりと、国境を越えて活動中。至上の喜びは、素敵なカフェで水タバコの煙をゆらしながらぼけっとお茶をすること。生活記Blogつぶえじでは、現地の生活の様子を不定期に発信している。

(おろぐちともこ)