昨年も好評だった宿泊プラン

写真拡大

ホテル日航東京(東京都港区)は、茶道「江戸千家」宗家総合監修の宿泊プラン「江戸繚乱ルーム」を2015年1月5日から3月31日まで販売する。

「東京プレミアムブレックファスト」付き

260余年の歴史がある茶道の一派「江戸千家」若宗匠 川上紹雪氏が総合監修。豪華絢爛な江戸城大奥のイメージで、加賀友禅の黒振袖や蓬莱山といった新春ならではの絵柄の屏風、絵画や調度品など約13アイテムで、和の趣、江戸の職人技を体感できるという。朝食は東京に所縁ある食材を使った「東京プレミアムブレックファスト」のルームサービスが届けられる。

2つ口の洗面所やシャワーブースがあり、ベッドも4台設置できるため、家族3世代での宿泊にも最適。窓の外の都心の景色と、日常生活では馴染みが無くなってきた江戸の趣を重ね合わせられる。1室2名利用で8万円〜、同3名利用で9万円〜、同4名利用は10万円。オンライン予約限定のプラン。