完全に生まれ変われるか!

Windowsユーザにとっては、標準ブラウザのIE(Internet Explorer)こそがメインのブラウザという方も日本国内では少なくないようですけど、他のChromeやFirefoxと比較すると、IEには不満なポイントも多いみたいですね。それを当のマイクロソフトも承知の上で、大幅にレベルアップした次期IEの開発に期待もかかっていましたが……。

このほどZDNetが伝えた情報によれば、新たなWindows 10には、予想されていた「IE 12」ではなく、まったく新しいブラウザ「Spartan」が搭載されることになるようですよ。Spartanは、IEと同じレンダリングエンジンおよびJavaScript を採用しているものの、より軽量化されたブラウザに仕上がっているほか、FirefoxのアドオンやChromeのエクステンションに似た拡張機能をサポートしているんだとか。

実はSpartanは、IEのアップデートとして開発されている新ヴァージョンのコードネームとしても、以前より噂されていたのですが、今回のリークによって、マイクロソフトからリリースされる大刷新されたブラウザの様相を呈してきましたよね。なお、Spartanが、Windows以外のOS Xや、さらにはiOSならびにAndroidにまで対応するのかどうかは現時点では定かでないものの、可能性としてはゼロでもなさそうです。ややユーザー離れ気味だったIEからSpartanへの移行が魅力的なものになれば、久々にブラウザシェア争いも盛り上がっていきそうですね〜。

ちなみに、Windows 10には、Spartanのみならず、IE 11もデュアル搭載されるようですけど、こちらは互換性を確保する目的だけで、マイクロソフトとしては、新OSのリリースと同時に、一気にSpartanへの移行を進めたい思惑でもあるようです。いずれにせよ、年明けに予定されているWindows 10お披露目となるスペシャルイベントが、とっても待ち遠しくなってきましたよね。


source: ZDNet

Darren Orf - Gizmodo US[原文]
(湯木進悟)