エボラ出血熱の疑いがでていた帰国男性「鼻炎の一種だった」

ざっくり言うと

  • シエラレオネから帰国後に発熱し、エボラ感染の疑いが出た男性は陰性だった
  • 男性は、急性副鼻腔炎という鼻炎の一種と診断されたとのこと
  • 現地で男性は、エボラ出血熱で死亡した患者の埋葬に立ち会っていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング