【図表2】(左)日経平均、(中)日経2倍(1579)、(右)日経ダブルインバース(1357)。カブドットコム証券のkabuステーションで表示

写真拡大

ETF(上場投資信託)・ETN(上場投資証券)は月間売買代金で2か月(10月・11月)連続で過去最高を更新した。今回は、人気商品や新商品、NISAに適した商品、知られざるおもしろETFなどに加えて、ネット証券を使った便利な買い方なども紹介する。

 日銀は追加緩和によって、ETF、J-REIT(不動産投資信託)、JPX日経400連動ETFの買い付け量を増やすことで、市場を断続的にバックアップしている。個人投資家がNISA(少額投資非課税制度)投資をする際にもETF・ETNは有望な投資先といえる。銘柄数は毎月のように増加しており、11月末現在でETF(162銘柄)、ETN(27銘柄)。今回はETFのキホンから便利でユニークな商品、賢い取引方法について紹介しよう。

ハイリスク・ハイリターンなETF・ETNが人気

 そもそもETF(上場投資信託)・ETN(上場投資証券)とは、指標に価格が連動する金融商品のこと。有名なのは日経平均やTOPIXに連動するETFだ。株式市場で株と同様に取引できるので、わかりやすさ、取引のしやすさが魅力だ。ETF・ETNのさまざまなメリットについては、この記事の最後にまとめた。基本知識から知りたい方は、そちらをチェックしてほしい。

 まずは最近、人気のETFから紹介しよう。【図表1】は売買代金ランキング(過去20日間の平均)だ。ほとんど日経平均、TOPIX連動のETFだが、「JPX日経400ETF(1591)」が8位にランクインしている。

【図表1】人気のETFランキング(過去20日間平均売買代金-12月17日)

順位 銘柄略称(コード) 価格 売買単位 対象指標
1 225投信(1321) 1万7190円 1口 日経平均株価
2 日経ダブルインバース(1357) 4120円 1口 日経平均ダブルインバース・
インデックス
3 日経2倍(1579) 1万2840円 10口 日経平均レバレッジ・インデックス
4 TPX2倍(1568) 2万4100円 10口 TOPIXレバレッジ(2倍)指数
5 TOPIX投(1306) 1381円 10口 TOPIX
6 上場225(1330) 1万7250円 10口 日経平均株価
7 ETF・225(1320) 1万7180円 1口 日経平均株価
8 JPX日経400ETF(1591) 1万2300円 1口 JPX日経インデックス400
9 MXS225(1346) 1万7290円 1口 日経平均
10 日経インバETF(1571) 2787円 1口 日経平均インバース・インデックス

※太字はカブドットコム証券の「フリーETF」対象銘柄。ランキングはカブドットコム証券の「kabuナビ」で検索

 また、2位の「日経ダブルインバース(1357)」、3位の「日経2倍(1579)」のように、「ブル・ベア型」のETFが人気だ。

 「ブル(レバレッジ)型」の場合、日々の騰落率が指標(日経平均など)騰落率に対して決められた倍率(2倍など)の値動きをする。「ベア(インバース)型」は、指標(日経平均など)騰落率に対して反対(-1倍、-2倍などマイナス)の値動きをする。

 ブル・ベア商品を使えば、現物取引でも信用取引のように倍の利益や下落局面での利益追求が可能だ。こういったETFは増加しており、米国株、中国株、原油や金でもブル・ベア型ETF・ETNが存在する。人気が出ているとはいえ、それだけ値動きは激しくなるので、比較的短期売買に向いた商品と言えるだろう。取引する場合にはリスク管理が重要だ。

 なお、カブドットコム証券では、ETF13銘柄に関して「フリーETF」として手数料無料で取引できるサービスを行っている。ETF取引の際にコストを抑える手段として有効だ。「フリーETF」対象商品については、今後の表中で太字表記にした。

上昇率トップ10 好調は中国株、VIX指数、リート

 12月上旬以降、日経平均はいったん急落したが、そんな状況下でも好調な指標もある。ETF・ETNの過去3カ月の騰落率ランキングが【図表3】(ただし、1日平均売買代金2000万円以上の銘柄に限定)。

【図表3】ETF・ETNの過去3カ月上昇率ランキング(12月17日)

順位 銘柄略称(コード) 価格 売買単位 騰落率3カ月前比 対象指標
1 上場パンダ(1322) 5310円 10口 77.47% 中国A株市場「CSI300指数」
円換算
2 上証50連動投信(1309) 3万3600円 1口 56.64% 上海「上証50指数」円換算
3 VIX短期先物(1552) 1024円 1口 35.09% 「S&P500 VIX短期先物指数」円換算
4 iVIX短(2030) 161円 1口 34.17% S&P 500 VIX短期先物指数
トータル・リターン
5 日経VI(2035) 6万2200円 1口 19.62% 日経平均VI先物指数
6 MXS Jリート(1597) 1844円 10口 12.17% 東証REIT指数
7 REIT-ETF(1343) 1946円 10口 12.10% 東証REIT指数
8 上場Jリート(1345) 1844円 100口 11.49% 東証REIT指数
9 上場日経2倍(1358) 1万1650円 1口 10.01% 日経平均レバレッジ・
インデックス
10 H株ブル(1572) 1万4530円 10口 9.33% ハンセン中国企業レバレッジ指数

※1日平均売買代金2000万円以上の銘柄に限定。カブドットコム証券の「kabuナビ」で検索、※太字はカブドットコム証券の「フリーETF」対象銘柄

 中国株の指数連動ETFが1位と2位。12月上旬以降の日経平均の下落局面でもそれほど下がらずに上昇している点に注目してほしい。3〜5位はVIX指数に連動するETF。この指数は、値動きが激しくなると上昇する傾向があり、特にS&P500指数や日経平均の急落局面で上昇する。

◆カブドットコム証券【証券情報⇒カブドットコム証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
90円 250円 250円
ネット証券比較!人気ランキングのカブドットコム証券の公式サイトはこちら!
【カブドットコム証券のメリット
毎日更新される「kabu.com投資情報室」などの投資情報が充実。逆指値からトレーリングストップまで多彩な特殊注文で自動売買が可能な高機能トレードツール「kabuステーション4」も用意されている。投資信託は500円から積立が可能となっている。
【関連記事】お宝銘柄をニュースに先んじて買う方法があった!【カブドットコム証券】「kabuステーション」を使え
カブドットコム証券利用者のクチコミPick Up! 評価 ★★★★★情報量が豊富で、使いやすい画面は初心者にもおすすめ。豊富な取引ツールも魅力です。(30代・男性)

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)