強い冬型の気圧配置、北陸や東北日本海側、岐阜で大荒れ

【ライブドア・ニュース 30日 東京】− 30日午前の気象庁の発表によると、日本付近には次々と強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が2月3日頃にかけて続く見込みだ。同庁は、大雪や低温、強風、高波に注意を呼びかけている。

 三陸沖には発達中の低気圧があり、日本付近は冬型の気圧配置となってきた。30日日中には、日本海の上空に強い寒気が流れ込むため、冬型の気圧配置が強まる見込みだ。このため、東日本、北日本の日本海側を中心に大雪となるおそれがある。

 31日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、北陸地方(新潟県)、東海地方(岐阜県)、東北日本海側でそれぞれ40〜50センチ、北陸地方(新潟県を除く)、関東甲信北部、北海道でそれぞれ20〜30センチの見込み。

 また、31日にかけて、西日本から北日本にかけての広い範囲で西または北西の季節風が強く吹き、海上はしける見込みだ。予想される最大風速は、陸上13〜18メートル、海上15〜20メートル、波の高さは日本海側、太平洋側とも3〜5メートルに達する見込みだ。
  
 31日以降は、日本の上空にさらに強い寒気が流れ込む見込みで、西日本や東日本を中心に低温となり、西日本を含めた日本海側を中心とする地方では雪がさらに増えるおそれがある。強い冬型の気圧配置は2月3日頃にかけて続くもよう。【了】

ライブドア・ニュース 小田光康記者