行方不明のエアアジア機QZ8501便について、いま分かっていること

写真拡大

シンガポール行き、162人の乗員を乗せたエアアジアの旅客機QZ8501便が、28日日曜日の朝(日本時間)、インドネシアを飛び立って間もなくスラバヤ沖で消息を絶った。捜索は夜間に一時中断された後、再開された。航空管制塔との交信が途絶えて直前には、悪天候を避けるようと予定されていた飛行経路をはずれる許可を求めていた。

「行方不明のエアアジア機QZ8501便について、いま分かっていること」の写真・リンク付きの記事はこちら

[追記]12月30日、報道によると、機体の一部が海上にて発見されたようです。

当局は旅客機の機影が消えた付近の海上で、複数の遺体やエアアジア機の機体の一部とみられる破片が見つかったことを明らかに
海上に遺体や破片 不明のエアアジア機か|NHK NEWS WEB


何が起こっているのか?

シンガポール行き、162人の乗員を乗せたエアアジアの旅客機QZ8501便は、スラバヤのジュアンダ空港を、現地時間日曜の午前5時35分に飛び立ち、3時間後にシンガポールに到着する予定だった。ジャワ海上空を東に向かっていて、午前5時54分、予定されていた高度に達した。

航空安全ネットワークの報告によると、乗務員は2度、小さく旋回をし、午前6時12分には、ジャカルタの航空管制塔に雲を避けるため飛行経路の西に移動していることを伝え、飛行高度3万2,000フィートから3万8,000フィートに上げたいと要求した。旅客機はその数分後レーダーから消えた。

CNNによると、インドネシア交通省の幹事長代理は「旅客機は現地時間午前6時17分に消息を絶った」と、リポーターに語ったという。エアバスA320-200は6時18分にレーダーの監視から消えたと同氏は述べ、管制官は午前7時55分まで旅客機の存在をモニターしていた。

旅客機の飛行計画は、雲の多い荒れた天候のなかを通るもので、『ニューヨーク・タイムズ』は、雷はあったものの、現代の航空機に対処できない天候ではなかったと伝えている。「フライトレーダー24」のデータによると、旅客機は交通量の多い飛行経路を飛行しており、QZ8501便が消息を絶ったときには、他にも6機の航空機がそのエリアを飛んでいた。

関係当局は、28日時点でまだ、事故の際に起動したであろう遭難信号や遭難信号発信機を発見できていない。

現在の状況は?

旅客機は、交通量の多い航路上を飛行していた。消息を絶ってから1時間以内に、シンガポール政府はインドネシアの国家捜索救助局に飛行機と船を提供し、少なくとも3カ国の飛行機と船がボルネオ島とスマトラ島との間にあるブリトゥン島付近のジャワ海域100マイルを捜索している。

捜索艦隊の構成は、インドネシアの3機の軍艦と5隻の船、マレーシアから3艘のボートと3機の飛行機、そしてシンガポールのC-130航空機となっている。『タイム』のレポートによると、オーストラリアも捜索に参加するため、航空機と船を提供した。インドネシア関係当局の捜索を手助けするため、シンガポールは2組のスペシャリストチームと2機の水中遭難信号発見器を無償提供した。行政庁は、旅客機の痕跡を見つけることができず、夜間の捜索を一時中止した。

捜索は月曜の朝に再開した。ジャワ海は比較的狭く、実際に墜落したのが判明している最終地点であれば、痕跡は容易に見つけられるはずである。「それでも、海はかなり大きいので」と、前国家運輸安全委員会理事長のピーター・ゲルツはCNNに語っている


TAG

Air AsiaAirbusAirplaneWorld News
woredqz3-660x380

フレイトレーダー24による、8501便の最終推定位置。

今後は?

QZ8501便に乗っていた162人のうち、155人がインドネシア人、3人が韓国人、イギリス人、フランス人、マレーシア人、そしてシンガポール人が各1人ずつであると航空会社は述べた。1人の幼児を含む、17人の子供が乗客のなかにいる。旅客機には7人の乗務員が乗っていた。

エアアジアは、ウェブサイトとソーシャルメディアページ上のロゴの色を赤色から灰色に変更し、乗員の家族や友人のために緊急ホットラインを開設し、「親族の待機場所」をシンガポールのチャンギ国際空港に設けた。

シンガポール民間航空庁はカウンセラーを用意し、乗員の親族ための地元宿泊施設とインドネシアからシンガポールへの移動の手配をしている。その間スラバヤの空港では、乗員の情報を待ちながら親族が悲しみに打ちひしがれていた。CNNによると、何人かは携帯電話で乗員乗客名簿の写真を撮っていたが、名簿にはそれぞれの乗客の氏名と座席が記載されているだけだ。多くの人は泣きながら座り込んでいた。

「皆様の思いと祈りに感謝致します。わたしたちは強くいなければなりません」と、エアアジアの最高責任者トニー・フェルナンデスはツイッター上で述べた。

To all my staff Airasia all stars be strong, continue to be the best. Pray hard. Continue to do your best for all our guests. See u all soon

— Tony Fernandes (@tonyfernandes) 2014, 12月 28

調査は、当初の予定通り、旅客機が登録されているインドネシアが行うことになる。米国家運輸安全委員会が調査に召致されることになるかもしれず、乗務員の1人がフランス人ということで、フランスの民間航空調査分析局が任務にあたるかもしれない。

解明には、旅客機のブラックボックスの発見が極めて重要だ。このデータレコーダーとコックピット用ヴォイスレコーダーが、多岐に渡る航空機のパラメーターと、最後の2時間にコクピット内で何が起こったかを保存している。

エアアジアは、マレーシアに拠点を置く格安航空会社で、CNNの航空特派員リチャード・クエストによると、「非常に高い」安全評価をもっている。

旅客機の機長は同航空会社で約7,000時間の飛行経験をもち、自身の職務歴上においては20,000時間程の飛行経験があったとフェルナンデス氏が述べたことを、BBCが伝えた。CNNによると、エアバスの報告では旅客機は「13,600回程の飛行で、およそ23,000時間に及ぶ飛行記録」を重ねていた。

QZ8501便の失踪はアジアの航空機産業の衝撃的な年を締めくくるものとなる。マレーシア航空MH370便は、5月8日に239人を乗せクアラルンプールを飛び立ち北京に行く途中で失踪した(「『海底のMH370便』はどうやって捜索されるのか」)。7月17日には、マレーシア航空のMH17便がウクライナ上空で撃墜され、乗員298人の死者を出した(「あまりにも簡単に旅客機を撃墜できるシステム、ロシアの地対空ミサイル」)。

TAG

Air AsiaAirbusAirplaneWorld News